【ヒーローインタビュー】元木健太さん(29歳)復旦大学(Fudan)

ゆび矢印名前  :元木健太さん
ゆび矢印年齢  :29歳(MBA受験時)
ゆび矢印勤務先 :大手企業 経営企画部門
ゆび矢印MBA受験中のお住まい :東京都
ゆび矢印進学校 :復旦大学(Fudan)(中国)

レスが早い
“受験期間を通して、自身のちょっとした悩み事解決等に非常に役立ちました。”

(MBA Lounge 川尻、以下川尻)どんなお仕事をされていますか?
(元木健太さん、以下元木さん)大手企業にて、営業部門に5年間従事した後に、2年間経営企画部門で勤務していました。

(川尻)なぜMBAを取得しようと思ったのですか?
(元木さん)多様な人種が集う海外MBAで膨大な課題に取り組むという「他流試合」が当時の私には、仕事の数倍魅力的に映っており、彼らと一緒に切磋琢磨したいなという気持ちがあったからです。

※もちろん、「人脈」や「ビジネス知識」、「ソフトスキル」なんかもMBA取得の理由となりますが、突き詰めると、「一流の人材が集う環境で自分を試したい」というワクワク感が取得理由になります。

(川尻)なぜMBA Loungeのサービスに申し込もうと思ったのですか?
(元木さん)MBAの受験プロセスにおいて、スクール選びとエッセー/インタビュー対策が最も重要だと考えたので、他の予算(TOEFL等の授業費)は抑えて、カウンセラーとして、AGOSとMBA Loungeの両方に申し込みました

(川尻)MBA Loungeのサービスを受けてどう変わりましたか?
(元木さん)自身の満足のいく結果も残せましたし、MBA Loungeのサービスには非常に満足しています。少しだけ良かった点を共有させて頂きますと、MBA Loungeはいつでも何回でもコンタクトが可能(しかもレスが早い)ので、受験期間を通して、自身のちょっとした悩み事解決等に非常に役立ちました。

(川尻)なぜ中国を選んだのですか?
(元木さん)以下のようなニュースを日々見ている中で、政治・ビジネス・技術の上でも、我が国にとって、中国は無視できない存在になりつつあると感じており、せっかくだったら中国でMBAを学びたいな、と思ったのが最初のきっかけです。

①米国政府が安保上の懸念から、ファーウェイを排除。
②インド政府がセキュリティ懸念から100以上のアプリを排除するも、Alibabaと繋がりのあるPaytmはビジネス影響が大きすぎて排除できず。
③1秒あたり50,000が最大のVISAのトランザクションエンジンに対して、Alipayのトランザクションエンジンは1秒540,000を天猫ダブルイレブンデーに記録

(川尻)なぜ復旦大学を選んだのですか?
(元木さん)1.ファイナンシャルタイムズのMBAランキング、2.大学かどうか? 3.日本人の数の3点で選びました。

1.中国本土でFTランキング上位にランクインしているのは、CEIBS(5位)、復旦大学(33位)、上海交通大学(37位)だったので、この3校をターゲットとしました。

2.せっかく社会人から学生に戻れるチャンスなので、MBAの授業以外にも学部の生徒も交流してみたいと考えていました。この観点から、総合大学である復旦大学や上海交通大学の志望度が上がりました。

3.加えて、「自分の力を試したい」という思いが大きかったので、「前例踏襲が不可能」且つ「頼れる人が0の環境からスタートが可能」である「前年度や同級生に日本人0の学校が理想」だと考え、復旦大学を選択しました。

(川尻)スクール選びで悩んだことは?
(元木さん)香港から上海のスクールへの切り替えです。
元々、香港のスクールを志望していたのですが、ある恩師から「中国を見たいのなら中途半端に香港に行くよりも本土で学んだ方が良い」という言葉を頂き、上海のスクールへ出願する事にしました。これは結果的には大正解だったと思います。

(川尻)受験準備には通算でどのくらいの期間を要しましたか?
(元木さん)
2019年2月:MBA Lounge無料相談会参加→申し込み
2019年4月:QSイベント参加
2019年8月:AGOS 夏イベント参加
2019年8月:IELTS出願スコア確保
2019年10月:GMAT出願スコア確保
2019年11月:MBAイベントで復旦&上海交通のアドミに挨拶
2019年12月:復旦, 上海交通大学に出願
2020年1月:現地に渡航し、面接実施
2020年1月:1週間後、両校から合格連絡を受領

(川尻)受験準備で一番苦労したことは?
(元木さん)仕事との両立です。ある日、急な仕事の関係で予約していたIELTS受験を直前で泣く泣くキャンセルした事がありました。他にも、「今日はこの勉強をしよう!」という日に残業で家に中々帰れず、、、といった事もあったりして、この辺のストレスとどう付き合うかが1番苦労した点です。ただその分、ストレス耐性という観点では、成長できた気もします(笑)

(川尻)受験準備で失敗したなあ、と思ったことは?
(元木さん)メリハリをつけて日々を過ごすことです。1年間を振り返ってみると、無茶に勉強を進めすぎて、次の日には何も手につかなくなっているという事が多々ありました。ストレスと体調を上手にコントロールする事が大切だと思います。

(川尻)MBA取得後のプランは?
(元木さん)私は社費留学生ですので、MBAカリキュラム取得後は、MBAで得た知見や人脈を活かせるポストに着任し、我が社の発展に貢献したいです。加えて、そのキャリアプランの延長として「日本が一流の国であり続ける為、我が国の発展に尽くしたい」という想いを持っています。

(川尻)これからMBAを目指す方にアドバイスをお願いします。
(元木さん)人生100年時代とも言われているので、迷われているのならチャレンジされてみてはどうでしょうか。もし、途中で挫折したとしても、英語力は上がりますし、特にためらう理由はない気がします。

(川尻)川尻にメッセージをお願いいたします。
(元木さん)ご指導ありがとうございました!これからも宜しくお願いします!

Copyright © 2021 Lounge Group Limited All Rights Reserved.