【ヒーローインタビュー】関口 鴻さん(26歳)Audencia (フランス)

ゆび矢印名前  :関口 鴻さん
ゆび矢印年齢  :26歳
ゆび矢印勤務先 :広告代理店
ゆび矢印MBA受験中のお住まい :東京
ゆび矢印進学校 :Audencia Business School (フランス)


(一番左)関口さん

(MBA Lounge 川尻、以下川尻)現在どんなお仕事をしていますか?

(関口 鴻さん、以下関口さん)広告代理店でアパレル企業をメインとしたTVCM・広告・イベントの制作進行、各種メディアへの出稿プランニングなど、プロモーション全般を担当していました。

(川尻)なぜMBAを取得しようと思ったのですか?

(関口さん)キャリアゴールに必要なマーケティングとマネジメントの知識を得る為です。

また、フランスのイベント会社でアシスタントプロデューサーをしていた時に、数カ国語を話し、多国籍のスタッフを纏めて現場を進行していた当時の上司に憧れ、自分も外国語を使ってビジネスを推進したいと考えていたことも理由の一つです。

(川尻)なぜMBA Loungeのサービスに申し込もうと思ったのですか?

(関口さん)タイトなスケジュールの中、迅速に対応して頂けると感じたことが最たる理由です。

(川尻)MBA Loungeのサービスを受けてどう変わりましたか?

(関口さん)川尻さんからエッセイを主軸にアドバイスを頂き、着実に合格に近づいているように感じました。

(川尻)なぜフランスを選んだのですか?

(関口さん)マルチリンガルのブランドマネージャーになる為です。

実務の中で、アパレルのプロモーションとブランディングの難しさ、楽しさを経験しました。

ファッションのブランドマネジメントに成功している企業の多いフランスで、夢を実現する力を付けようと思いました。

(川尻)なぜAudencia Business School 大学を選んだのですか?

(関口さん)フランスのトップスクールは概して6校に絞られます。所在はパリ、リヨン、ナント、トゥールーズです。

他の学校からも合格を頂いたのですが、プログラムの内容、環境の良さ、利便性、卒業生の信頼性などを踏まえると、Audenciaが最適だと考えられました。なお、当校の卒業生には5人訪問しました。

(川尻)スクール選びで悩んだことは?

(関口さん)選定基準が明確だった為、悩むことはございませんでした。

(川尻)受験準備には通算でどのくらいの期間を要しましたか?

(関口さん)試験のスコアは事前に確保していたので、実質アプリケーションや面接対策に要した1ヶ月間です。

(川尻)受験準備で一番苦労したことは?

(関口さん)インタビュー対策です。

語学には自信があったのですが、実際には自分の思っていた半分以下の内容しか相手に伝えることが出来ていないことにMBA Loungeの模擬インタビューで痛感しました。英英辞書を仕事の合間に読んでボキャブラリーを増やしたり、時間があれば自問自答して、面接直前まで準備を行いました。

(川尻)受験準備で失敗したなあ、と思ったことは?

(関口さん)インタビューではデジタル領域を含むマーケティング分野について広く問われたので、普段から世界の様々なニュースに関心を持てば良かったと思いました。

(川尻)MBA取得後のプランは?

(関口さん)アパレル企業のマーケティング部門で働き、ブランドマネージャーを目指したいと思います。

(川尻)これからMBAを目指す方にアドバイスをお願いします。
(関口さん)Alumni Visitは絶対にするべきです。可能な限り多く、色んな国の卒業生に会うことで、入学の熱意と行動力が証明されます。私もエッセイを書く際に、この点を濃く伝えるように川尻さんから丁寧にアドバイスを頂きました。

(川尻)川尻にメッセージをお願いいたします。

(関口さん)タイトなスケジュールの中、お付き合い頂きありがとうございました。

結果として、志望校は全て合格することが出来、満足のいく受験となりました。

Copyright © 2019 Lounge Group Limited All Rights Reserved.