• MBA留学準備から取得後の転職・起業までのノウハウ集

  • シンガポールMBA個別相談会

  • 中国MBA個別相談会

  • 香港MBA個別相談会

  • イギリスMBA個別相談会

  • オーストラリアMBA個別相談会

  • 台湾MBA個別相談会

  • MBA取得後の未来像-無料診断

  • MBA出願対策サポート

  • MBA留学-キャリア準備とビジネス会員制ゼミナール

  • MBA留学準備から取得後の転職・起業までのノウハウ集

  • シンガポールMBA個別相談会

  • 中国MBA個別相談会

  • 香港MBA個別相談会

  • イギリスMBA個別相談会

  • オーストラリアMBA個別相談会

  • 台湾MBA個別相談会

  • MBA取得後の未来像-無料診断

  • MBA出願対策サポート

  • MBA留学-キャリア準備とビジネス会員制ゼミナール

オンライン対応、世界中どこからでもOK!
MBA・大学院留学を目指すあなたを心から応援する
MBA・大学院留学情報サイト
「MBA Lounge」へようこそ。

Event
参加する


受付中のイベント

Article
記事を読む


すぐに役立つ新着ブログ

MBAの悩み解決

最新のお知らせ

Pickup

MBA受験において、出願インタビュー対策は合否を決めるとても大きな要素となります。 どんなにGMATのスコアが高くても、どんなにGPA(大学時代の成績)が良くても、そしてどんなにすばらしい経歴を持っていても、出願インタビュー対策でヘマをしてしまうと完全にアウトです。(出願エッセイにも同じことが言えます。) そのため、志望校へ確実に合格するためには、MBA出願インタビュー対策は欠かせません。 今回は、海外ビジネススクールのMBA受験生向けに出願インタビュー対策についてお知らせします。 出願インタビューはいつ行われるのか 基本的に出願インタビューは、出願に関する書類(エッセイ、CV、GMATスコア、TOEFL/IELTSスコア、GPA、推薦状)をすべて提出後...

TOEFLとIELTS対策はアメリカ、イギリス、オーストラリアなどの大学・大学院留学を希望する人たちにとって興味のある分野ではないでしょうか。TOEFLは、アメリカを始め、ヨーロッパ諸国、オーストラリア、ニュージーランド、そしてアジア各国の大学・大学院でも利用できる英語能力試験です。IELTSは、主にイギリスやオーストラリア、ニュージーランドの大学・大学院への留学などで利用できる英語能力試験です。 しかしながら、このTOEFLとIELTSは、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど英語圏への留学を目指す人たちの前に立ちはだかる大きな壁であるのも事実です。 TOEFLであってもIELTSであっても、英語で大学や大学院レベルの授業に付いていくだけの能力を測る試験だけあって、そう簡単に目...

EMBA(Executive MBA)は、実務経験が10年以上あり現役または将来の会社経営者や経営幹部の人たち向けのハイレベルなプログラムです。 世界のビジネススクールの通常のMBA学生の平均年齢は27歳から29歳くらいです。感覚的には、日本人の場合はプラス2、3歳で29歳から32歳くらいかと思いますが、30代後半や40代になった人でもMBA取得は決して遅くはありません。スクールによっては、通常のMBAプログラムを出願することができます。 とは言え、30代後半以上になってキャリアを中断するようなリスクを取りたくない、という人には、EMBA(Executive MBA)プログラムがおススメです。 今回は、そんな、EMBA(Executive MBA)プログラムについてその魅力...

海外MBAの取得を目指すことを決断したはいいものの、どのようなスケジュールでMBA受験を進めていけばいいのかウェブ検索をしても中々分からないという声も多いです。 MBA合格のためのタイムマネジメントはとても重要で、スケジュール管理がその運命の分かれ目といってもいいのですが、皆さんのその情報収集に苦労をされているように思います。 私自身もこのMBA Loungeのウェブサイトで、海外MBA受験スケジュールや出願のタイムマネジメントについて書こうとしても、一概には「スケジュールはこの通りです。」「合格のためにタイムマネジメントはこのようにして下さい。」とは説明するのは簡単ではありません。 なぜなら、 海外MBA受験スケジュールやタイムマネジメント方法は人によるからです。 ...

砂漠で砂を売る。 北極で氷を売る。 マーケティングの業務に今まで携わっていなかった人たちにとって、このような文章を見たときに、え?!っと思うかもしれませんね。 MBAのマーケティング講義では、このような難題に立ち向かいようなケーススタディーをやることもあります。 さて、あなたがマーケティング担当者だったらどうしますか? 品質が良く、人気があり、ライバルとなる商品がなく、低価格の商品は、誰でも売ることができるでしょう。マーケティング戦略を立てなくても、お客さんの方から歩み寄ってくるかもしれません。しかしながら、そのような商品は、世の中にほとんど存在しませんよね。どんな商品であっても、ライバル企業の商品が存在し、その中で如何にコストパフォーマンスを高め、自分たちの商品に価値...

INSEAD、IEビジネススクール、LBS(ロンドンビジネススクール)、Kellogg、Imperial college Londonなどのトップビジネススクールでは、出願プロセスの中で、Kira Talentというシステムを利用したOnline Admission TestやVideo Interviewを採用しています。 Kira Talentは、従来のエッセイ提出やアドミニとの対面やオンラインでのインタビューではなく、PC相手によるエッセイやインタビューになります。 自身でパソコンに、イヤホンやマイクをセッティングし、ビジネススクール側から提示されるURLにログインし、PC上に表示される質問に対して時間内にエッセイを書いたり、マイクに向かって話をするというものです。 ...

MBA留学への道はとても険しいものと思っていますか?そうですね。MBA留学への道は確かにそう簡単に開けるものではありません。私自身、23歳の時にMBA留学を目指してMBA留学への道を歩み始めました。それから実際にMBA留学ができたのは6年後のことです。お金の問題、学力の問題、実務経験年数の問題、英語力の問題など様々な壁がありました。それでも諦めることなく、将来のためにMBA留学への道を歩み続ける強い意志を持っていましたので、長い時間をかけながらも乗り越えることができました。 私のMBA留学への道は6年間だったわけですが、あなたは自分のMBA留学への道をどのくらいの期間と想定しているでしょうか。2年や3年ほど、TOEFL/IELTS、GMATを受けてみて点数が取れないということで諦めては...

MBA受験で合否に関わる最も重要なイベントの一つがMBA出願インタビュー(出願面接)です。 ビジネススクールのアドミニは、出願インタビューを通じてMBA受験生の雰囲気、情熱、考え方、表情、話し方、英語力、その他もろもろ書類では確認できない多くの情報を入手しようとします。 それゆえに、MBA受験において出願インタビューは、受験生の印象を180度覆すだけのインパクトがあるといっても過言ではありません。 MBAの出願インタビューが行われる時間は、ビジネススクールによって20分~50程度でありますが、MBA Loungeの出願対策コースの受講生さんは、この出願インタビュー対策を数か月かけて行うケースも多々あります。 とはいうものの、この記事を読んでいる方々の中には、出願インタ...

MBA受験対策をしていると、Kira Talentというワードを目にすることがあると思います。Kira Talentは、近年欧米のトップスクールを中心に採用されているMBA入学審査項目の一つで、受験者のエッセイやインタビューをその場でオンラインで行うものです。 ビジネススクールのMBA出願項目の中に、Online admission testやOnline Interviewなどの言葉が出てきたら、それはKira Talentを採用したテストである可能性が高いです。 今回は、そんなKira Talentついての概要とMBA受験者が事前に準備しておくべき簡単な対策のポイントを実際のKira Talentで出題されやすい質問形式を例に出しながら解説します。 ※また、注意...

女性の方で、海外MBAを目指している方も年々増えてきているように感じます。 MBA Loungeのクライアントさんでも女性の割合は比較的高く、全体に40%くらいは占めているのではないでしょうか。その中には社費留学の方や休職で行かれる方、または会社を辞めて私費で行かれる女性の方もいらっしゃいます。 どの形態にしろその行動力は素晴らしいですね。 今回は、そんな海外MBAを目指す女性の方向けの記事です。 女性こそ海外MBAを取得して将来のキャリアップに繋げるべき理由があるんです。そんな女性のMBA留学について焦点をあてて「女性が海外MBAを取得するべき3つ理由」をお話しします。 女性の方が合格しやすい まずMBA出願に関して言えば、現状、男性よりも女...

2/25(日)、東京マラソン2018に参加してきました。 過去のマラソン大会と言えば、23年前の高校のマラソン大会以来で42.195キロなんて走ったこともありませんでした。 フルマラソンは準備期間を含めると最低でも6カ月は必要です。本番は42.195キロ、一般の人なら4時間から6時間の長丁場。 MBA留学準備も出願準備から約2~3年、学位取得までは約3~5年の長丁場 今回は、マラソン初心者である私が東京マラソン準備から完走までを経験して感じた6つのことをお話しします。 これは、現在MBA出願で苦しんでいる人、そして、MBA履修中で苦しんでいる人のも共通することがあるはずです。 是非、この「東京マラソンを完走して感じた自分との闘いに勝つための6つのこと」...

MBAを取得するとどんなメリットがあるの? MBAを取得したあと、就職先や転職先はあるの? 会社を辞めてMBA取得を目指すなんて、メリットよりもリスクの方が高いんじゃ? そんなハードルが高そうな学位を本当に取得できるのか不安だ。 MBAを取得しようという意気込みと同時に、多くの不安や心配が出てきますよね。 不安や心配と取得によるメリットを天秤にかけてメリットの方が多い、と考えた人だけが、MBAを取得するためにビジネススクールに通い、その大きなメリットを獲得することができるのです。 MBAは誰にでも取得できます。取得ノウハウとやる気さえあれば。 実際に私は、2009年にオーストラリアのクイーンズランド工科大学のQUT Business SchoolでMBAを取得し、そ...

昨年のM1グランプリで一躍有名になった漫才コンビ、ミルクボーイをご存じですか?そのミルクボーイ風に「MBA」のネタを作ってみました。 これを先日メルマガで配信したところ大好評でしたので、今回ブログとして転記します。 私が一人で作ったので大阪弁が怪しいかもしれません。 そもそもネタがつまらないかもしれません。(素人が作ったのでご勘弁くださいね。。) でも、MBAについて少しでも分かって頂ければ、と思いスベるリスクを負って作ってみました。 何でも挑戦してみることが大切です。 ※ミルクボーイという漫才コンビを知らない人は、動画などでミルクボーイの漫才を観てから読んでもらうと分かりやすいと思います。 渾身の作はこちら↓ A・B「どうもミルク...

MBA留学をするにはある程度まとまった額の資金が必要になります。ビジネスパーソンとしてのステップアップのためとはいえ、どのように資金を準備しようか悩む方も多いのではないでしょうか。 こうした方の選択肢として、奨学金や教育ローンが挙げられます。とはいえ、なじみがないとどのようにして選んでいいかわからず不安になりますよね。 そこでここでは、奨学金と教育ローンそれぞれの特徴やメリット・デメリットをわかりやすく比較して解説します。MBA留学を検討している方は、是非この奨学金と銀行教育ローンを徹底比較を参考にしてください。 MBA留学の費用を準備するには MBAプログラムを提供するビジネススクールは、その地域や知名度、ランキングなどよって学費は400万円位から1,000...

9月は多くのビジネススクールが2017年MBAプログラムスタートの時期です。 MBA Loungeのクライアントさんもアメリカ、イギリス、シンガポール、香港などそれぞれの国に渡航し、MBAの新たな挑戦が始まります! 「MBA学生の生活」というと、どんな光景をイメージしますか? ハードなワークをこなしながらも、クラスメートと仲良く和気あいあいと?? 本当に? ビジネススクールには、世界中から様々なバックグランドの学生が集まってきます。 まさに人種、文化、経歴のるつぼです。 そんな学生たちあ、自分の常識からしたら考えられないような言動をしてストレスが溜まることもあります。 ・グループワークなのに、ギリギリまで課題に取り掛かってくれな...
PREV
NEXT

Movie
動画を観る


最新動画

Package
ステップ別コンテンツ


MBA留学を目指す全ての方へ。
5つのステップごとに
動画・記事コンテンツをまとめました。


Special
出願対策受講生さん専用ページ


Voice
お客様の声


ヒーローインタビュー

Area
MBA留学先エリア別の特徴


About
MBA Loungeとは


「MBA Lounge」は、MBA留学に挑戦する
社会人や学生を支援するためのMBA留学情報サイト。
MBA留学をご検討中の方から、MBA留学中の方まで幅広く役立つ情報を発信します。

MBA留学をご検討の方に

・MBA基本情報やMBAに挑戦するメリット
・転職や起業に如何に有利であるか 等

MBA留学の準備を進めている方に

・出願書類やインタビュー
・スクール選定の重要なノウハウ 等

MBAを取得できるのか不安な方に

・MBAの授業、課題、論文
・試験の各対策とノウハウ 等
あなたの夢の実現するため、
当サイトを思う存分ご活用ください。
私たちが運営しています
私たちが運営しています

[ ラウンジグループ株式会社 ]


私たちは、世界で活躍したいビジネスパーソンの皆さんを
心の底から応援する元気で小さなベンチャー企業。
小回りと融通が利く「速さ」と「小ささ」が強みです。
MBA留学を目指す皆さんは、かつて同じ目標を持って生きていた昔の自分と重なります。そんな皆さんのサポートさせていただけることは、たいへんやりがいがあり、とても嬉しいことです。 留学のこと、自己学習のこと、キャリアのこと。かつての自分に伝えたい「やるべきこと・やるべきではないこと」。心から親身になって、あなたの夢を応援します。

Profile

川尻秀道
/日本人カウンセラー

MBA留学準備のコツ、エッセイ添削、インタビュー対策などを
ブログやYoutubeでご紹介します。

ラウンジグループ株式会社代表取締役兼CEO。MBA留学支援サイト「MBA Lounge」や会員制コミュニティ「留学ラウンジ」、社会人のためのビジネススクール、語学スクールなどの事業を展開。 KADOKAWA Studywalkerのコラムをはじめとする執筆活動や、メディア実績多数。 クイーンズランド工科大学(オーストラリア)のQUT Business SchoolへMBA留学。 「Order歐德傢俱集團」プロジェクトマネージャー、「サントリー」生花の国際マーケティング担当等の仕事を経て独立。

出願対策サポートで一緒に合格を目指しましょう。
【日本人カウンセラーによる出願対策コンサルティング】

スクールが求めるレベルまで引上げ

【100%お約束】日本人カウンセラーがエッセイ、インタビュー、英文履歴書、ビジネススクールが求めるレベルまで引き上げます。

いつでもメール、LINE相談

出願準備を進めていく上で、不明な点があればすぐにメールやLINEで相談可能。スムーズなレスポンスが得意です。メール、LINE相談は無制限サポートで安心。出願書類の内容チェックや進路相談まで責任を持ってご相談にのります。

ビジネススクールとの強固な関係

スクールによっては強固な関係を構築していることが強みです。元トップスクールのアドミニとの提携もしています。

MBAメルマガ登録:
留学中やビジネスに役立つ知識満載!

授業やプレゼンに使える知識として

MBA取得後、起業を目指す方に

転職でキャリアアップを目指す方に

ビジネスマンMBA留学中の役立つ知識を満載に散りばめた無料メルマガ「ビジネスコラムの間」。 ビジネスエリートは、普通のビジネスマンが知らない、あるコツを知っています。 ちょっとした隙間時間を使うコツ、部下を取り扱うコツ、イノベーティブな発想を持つコツなど。言い始めたらきりがありません。 MBA在学中であっても、授業やプレゼンテーションに使える知識として役立つのはもちろん、MBA取得後に起業を目指す方、転職で更なるキャリアアップを目指す方にもおすすめ。 MBAホルダーが実際のビジネスの現場で行っているちょっとしたコツやテクニックなどを紹介していきます。

Service
サービス一覧


日本人カウンセラーによるMBA出願対策
(エッセイ添削、インタビュー対策)から
転職サポートまで。
MBA留学・取得を目指す社会人の皆さんの
人生を楽しむキャリア形成を応援します!

すぐに役立つMBAコンテンツ