MBAに「憧れるのは辞めましょう」

2024/05/15

MBA憧れ

「MBAを目指したのは、MBAには前々から憧れたがあったからです。」

定期的に開催しているMBA相談会は、このようにMBAに対して憧れと持っているとおっしゃる相談者さんが多いです。

MBAはビジネスエリートの方々が受講しているプログラム、というイメージがあるのでしょう。そんなMBAの体験をキッカケとしてご自身のキャリアを見つめ直すのはいいですが、決してMBA自体に憧れてはいけません。

今回の記事では、「MBAに憧れてはいけない」理由について解説します。

MBAに憧れるのを辞めた方がいい理由

MBAに憧れるのを辞めた方がいい理由は単純です。それは、MBAを持っていても何も変わらないからです。MBAには、弁護士や公認会計士のような独占業務があるわけではありません。

・MBAホルダーになって会社に関わる重要な意思決定をしたい、
・MBAホルダーになって海外案件をバリバリこなしたい、
・MBAホルダーになって会社経営をしたい、

このような夢を持っている人もいるかと思います。でも、これらは別にMBAを取得しなくてもできることです。

持っているだけでは何も変わらないんです。

誰かに憧れるんだったら学歴や資格、学位ではなく、その人の本質に憧れましょう。

・誰とでも上手く物事を遂行できるコミュニケーション力、
・人を魅了するリーダーシップ、
・話していて飽きない人間的魅力、
・一人で企業を成長させた経営力、
・市場を読み取る洞察力、など。

その人に近づくためにMBAを利用するのは最短、最適な手段であるかもしれませんが、学位に憧れるのは辞めましょう。

MBAで習得したスキルやネットワークを駆使した先にある世界に憧れましょう。

MBAに憧れるのを辞めると何が起こるのか

MBA憧れ

MBAに憧れるのを辞めると何が起こるのでしょうか?それは主に2つです。

1.キャリアを客観視できるようになる
MBAに憧れるのを辞めると、自分のキャリアを客観的に見つめ直し正しい判断をしやすくなります。MBAに憧れるというのは、MBAありきで自分のキャリアを考えていることになります。
そうではなくMBA抜きにして、まずは自分が何をしたいのか、自分にとって一番大切なものは何か、を考えてみましょう。

もしかしたら、そのゴール達成には転職が最適、最短かもしれません。
自分の理想とする仕事の求人に巡り合ったり、ヘッドハンティングされて、即戦力としてバリバリ活躍できる職場があるかもしれません。それができれば、わざわざお金と時間を投資してMBAに行く必要がないかもしれません。

また、ある特定の資格を取得して業務に生かした方が、ゴール達成できるかもしれません。
MBAを検討している人が同時に資格取得を目指すのは日本、米国の公認会計士や中小企業診断士などです。もしこれらを取得することで将来のゴールが明確であれば、MBAの必要性は減るかもしれません。

場合によっては、MBAを考えているその資金で起業した方がいいかもしれません。
私がMBA取得を考えた時に頭によぎったのはこれです。当時は何か自分でビジネスができないかな、と考えており、数年間貯めた資金で、MBA留学するか起業するか悩みました。

このように、MBAありきで考えなければ、転職、資格取得、起業など選択肢は広がります。その上で、(私のように)MBA取得が最適だと判断すれば、あとはその目標に向けて頑張っていけばいい訳です。

実際に、MBAを取得してマイナスになるケースは殆どないと思います。少なからず会社全体を見てどのように経営の意思決定をするのかというリーダー、経営者感覚を養うことが出来ますし、MBAで得たネットワークは一生の宝です。

それでも、MBAに憧れるのを辞めると、MBAありきではなくゼロベースで将来のゴール達成に向けての手段を模索することができるようになります。

2.最適なスクールを選定できる
MBAに憧れるのを辞めると、自分にとって最適なビジネススクールを選びやすくなります。MBAありきで考えると、(もちろん個人差はありますが)MBAでもトップスクールに行かなければならい、という固定観念に縛られやすくなってしまいます。

誤解がないように補足すると、MBAランキングはスクール選びの観点から重要な指標であり無視するべきではありません。トップスクールであれば、教授陣の研究成果やクラスメートの経歴やダイバーシティなどにハズレはないと思います。

それでも、自分が目指すゴールに最適なスクールがいくつか存在するのも事実です。スクールのロケーション、売りとしている科目やプロジェクト、クラスメートのモチベーションなど、ランキングに囚われず、自分に最適なスクールを選ぶことが大切です。
根拠もなく「あのスクールのMBAに憧れています」ではダメです。

まとめ

以上がMBAに憧れてはいけない理由と、憧れなければ起きることです。
MBAではなく、「ヒト」に憧れましょう。
そして、その人のようになるにはどうすればいいのか、を考えていきましょう。それを達成する手段としてMBAは理にかなっているかもしれませんし、別の選択肢があるかもしれません。

MBAを目指すことを決断したのであれば、ランキングをあまり意識し過ぎず、将来のゴールを達成するたにはどのスクールがいいのか、選んでいくようにしましょう。

MBAに憧れるのを辞めると選択肢が広がります。結果的にMBAを目指すことになるかもしれませんが、MBA後のキャリアにも大きな影響を与えるでしょう。

【無料メルマガ】MBA出願や留学生活のノウハウを無料で公開
第1弾:MBA出願メルマガ(全7回)、第2弾:留学生活編(全7回) 無料登録はこちらから
【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断
あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから
【無料動画】MBA出願対策無料動画講義
MBA出願対策の無料動画で、出願のノウハウを掴みましょう。 無料視聴はこちらから
【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集
勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから
【留学準備の会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!
仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから
【無料語彙力チェック】スマホで学べる。TOEFL語彙無料クイズ全10回配信
全10回配信。TOEFLスコアアップに悩んでいる方全員が有効に活用できる語彙力アップツールです。 無料登録はこちらから
【国内・海外就職】国家資格キャリアコンサルタントが徹底サポート
IT,コンサル,広告,ベンチャーなどの転職を希望の方にはぴったり 詳細はこちらから

Article
記事を読む


すぐに役立つ新着ブログ

MBAの悩み解決

Service
サービス一覧


日本人カウンセラーによるMBA出願対策
(エッセイ添削、インタビュー対策)から
転職サポートまで。
MBA留学・取得を目指す社会人の皆さんの
人生を楽しむキャリア形成を応援します!

          
   

すぐに役立つMBAコンテンツ