MBA出願までの道。準備段階で絶対に抑えておきたいポイント。

HOME > MBA出願までの道。準備段階で絶対に抑えておきたいポイント。

MBAの出願は戦略的に実行する必要があります。MBA留学対策の予備校があるくらいですから、その重要さは分かって頂けるかと思います。MBA出願までにやらなければならないことは以下の通りです。

点矢印画像出願までのスケジュール作成
点矢印画像自己分析、出願戦略の立案
点矢印画像TOEFL/IELTS対策
点矢印画像GMAT対策
点矢印画像出願校の決定
点矢印画像出願書類準備、作成
点矢印画像出願

これが一般的な出願準備のスケジュールとなります。多くの予備校では、1,000~1,500時間、期間にして、約12ヶ月~18ヶ月を要するとしています。

◆一般的な出願準備のスケジュール
スケジュール
※合格は入学の約6ヶ月前。アメリカ、ヨーロッパは9月入学が主流。オーストラリア4月入学が主流。

早期出願がポイント

指をさすスーツの女性ハーバード・ビジネススクールなどのトップスクールの場合出願期限を3回に分けて設定しています。たとえば、2015年9月入学の期限を1回目2014年9月、2回目2015年1月、3回目2015年4月などです。このように一回の入学時期に対して期限が複数定められている場合は、早期出願をすることが鍵となります。

というのも、学校側は1回目、2回目の審査で約80%の合格者を決定しているためです。残りの20%の合格者を決める3回目では、同じ国籍、同じ業界や職種のバックグランドを持つ学生に偏らないように合格者を調整するダイバーシティという要素が絡んでいるためです。

もしあなたが3回目に出願するとして、1回目、2回目であなたと同じ日本人で同じ業界、職種の学生が多く合格していた場合、あなたの出願書類は彼らと何の違いがなくても、このダイバーシティの要素で不合格になるケースがあるのです。

自己分析、出願戦略の立案

自己分析最初に、「なぜ自分にMBAが必要なのか。」を自問自答することから自己分析が始まります。自分は今後、どんな人生を歩んで、何に価値をおいて生きていきたいのか、そしてそれを達成するためには何が足りないのか、という自分の「こだわり」「求めているモノ」「足りていないモノ」を自問自答するのです。そして、それを解決するにはMBA留学がひとつの手段と成りうるのか、を自分自身に問いつける作業が必要になります。

この「なぜ自分にMBAが必要なのか。」というのは、エッセイ、推薦状、インタビューなどの出願準備を進めるうえでの基盤となります。このポイントがブレていては、戦略的な出願準備はできません。

MBA留学はあなたの貴重な時間とお金を使って投資する人生の大きな分岐点となる投資になるはずです。まずは自分自身を分析してなぜMBAが本当に必要なのか、じっくりと考えてみましょう。

MBA出願に必要なもの

MBA出願では、定量的、定性的の両方の側面から審査されます。定量的な側面とは、TOEFL/IELTS、GMAT等の試験スコア、GPA(大学の成績表)です。定性的な側面とは、エッセイ、推薦状、インタビュー、CV(英文履歴書)です。

◆MBA出願に必要なものリスト
点矢印画像TOEFL/IELTSのスコア
点矢印画像GMATのスコア (特にアメリカの場合)
点矢印画像GPA(大学の成績表)
点矢印画像エッセイ
点矢印画像推薦状 2通
点矢印画像インタビュー
点矢印画像実務経験(2年~ スクールによる)
点矢印画像CV(英文履歴書)

定量的な部分のTOFEL,IELTSやGMATのVerbalセクションは、基準に達していない出願者の「足きり」として審査されます。またGPA(大学の成績表)は今から変えることはできません。「この出願者を合格させたい。」と審査官に思わせるには、定性的な部分、つまり、エッセイ、推薦状、インタビュー、CV(英文履歴書)を徹底的に攻略する必要があります。その手段が上記で申し上げた自己分析です。自己分析をすることによって、定性的な部分の出願準備に時間をかけて戦略を練ることがとても大切です。

TOFEL/ IELTS

TOFELIELTSは、 MBAプロフラムで勉強するだけの英語力があることを証明するために、英語がネイティブでない出願者が受ける英語能力測定試験です。
上記で約18ヶ月~24か月の期間が要すると申しましたが、TOFEL やIELTSの対策に関しては、それぞれの英語力に応じて3年または4年位前から始めているのが理想だと考えます。
TOFEL/ IELTS等の英語試験のスコアは、海外で英語による講義のビジネスクールを目指す限り、どのスクールでも必要になります。早めに開始しておいて何ら損はありません。有効期限は2年間と決められていますので、出願の2年前にちょうど目標スコアを達成させるよう英語試験対策に取り掛かるのが理想です。
一般的にアメリカのビジネススクールでは、IELTSを受け付けていません。一方、アメリカ、ヨーロッパ諸国、アジア太平洋地域のビジネススクールではTOFELのスコアを認めています。

◆TOEFL
現在日本で受験が可能なTOEFL形式は、internet-Based Testing(iBT)と呼ばれています。

TOEFL

●スコア目安(120点満点)
   トップスクール:100~109点以上
   中堅スクール:80~90点以上

●受験料(日本で受験する場合)
   受験料:26,400円(税込み)、お支払方法:クレジットカードまたはコンビニ払い

●支払方法
   クレジットカード、電子小切手、PayPal®、小切手

●受験地
   愛知、千葉、福岡、福島、群馬、北海道、兵庫、茨城、石川、岩手、香川、神奈川、
   熊本、京都、三重、宮城、宮崎、奈良、新潟、岡山、沖縄、大阪、埼玉、静岡、
   栃木、東京

●実施時期
   年間約50回(受験地により異なる。)

公式ホームページへ

◆IELTS
IELTSには、Academic ModuleとGeneral Training Moduleの2種類があります。Academic Moduleは、大学や大学院への留学や就職希望者向けの形式で、General Training Moduleは、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリスへの移住希望者向けの形式です。よって、MBA出願者は、Academic Moduleの形式を受験することになります。

●Academic Moduleの形式の場合
IELTS

●スコア目安(1~9段階)
   トップスクール: 総合で7.0~7.5以上
   中堅スクール : 総合で6.5~7.0以上

●受験料
   一人あたり 24,675円

●支払方法
   クレジットカード、コンビニ(ローソン、ファミリーマート、セイコーマート)、
   郵便局ATM

●受験地
   札幌、仙台、東京、横浜、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、
   福岡の12都市

●実施時期
   年間48回(受験地により異なる。)

公式ホームページへ

この2つの試験の一番大きな違いは、スピーキングのセクションです。TOEFLはマイク付きヘッドセットを装着して、パソコンから流れている質問に対して45秒から60秒間、マイクにしゃべり続ける形になります。
一方IELTSのスピーキングは、試験官とマンツーマンで15分~20分程度のインタビュー形式で行われます。自己紹介から始まり、渡されたカードの課題に沿って試験官に自分の考えを述べる形になります。ヨーロッパやオセアニアのビジネススクールを目指す場合は、自分はどちらの方が得意か考えたうえで受験する試験を決定しましょう。

GMAT

GMAT(Graduate Management Admission Test)とは、MBAプロフラムで勉強するだけの基礎学力があるかどうかを判定するテストです。英語能力を判定するTOEFLやIELTSとは違い、ネイティブの学生も受けることになります。

GMATは、Verbal(言語能力)、Quantitative(数理能力)、AWA(Analytical Writing Assessment(論理的小論文)の3つのセクションから成り立っています。

GMAT

●スコア目安(800点満点)
  トップスクール : 640~720点
  中堅スクール  : 550~700点

●受験料
  250米ドル

●支払方法
  クレジットカード

●受験地
  東京、大阪、名古屋、福岡、那覇

●実施時期
  年間12回(受験地により異なる。)

●受験可能回数
  12ヶ月に5回(前回の受験日の翌日から起算して31日目から受験可能)

公式ホームページへ

アメリカのビジネススクールのほとんどは、GMATのスコア提出を要求しています。一方、ヨーロッパ諸国、アジア太平洋地域のビジネススクールでは、GMATのスコアを要求していない、またはスコア提出がオプションであるビジネススクールが多くあります。GMATのスコア提出がオプションのビジネススクールでは、その分の審査比重は、その他の出願書類に移ることになります。しかし学生のほとんどは、GMATを提出してリスクヘッジをしています。
また、GMATには受験回数に制限があり、1年間で5回までです。多くの受験生は、高得点を出すために複数回受験しています。

出願校の決定

同じMBAの看板をもっていても、ビジネススクールによって様々な特徴があります。
ビジネススクールを選定するポイントとして、4つの基準でチェックすることができます。

ゆび矢印スクールの得意分野は何か
一般的に日本人のMBA出願者は、ランキングや知名度に気を取られてMBAプログラムの内容を軽視しがちです。しかしながら、自分にとってベストなスクールというのは、その人の今後のキャリアによって大きく変わってきます。マーケティングが強いスクール、不ファイナンスが強いスクール、起業学が強いスクールなどそれぞれに得意分野を持っています。そういったスクールで学ぶことで、MBAを取得した後の自分のキャリアに活かすことが可能になります。

ゆび矢印世界のどの地域で学ぶのか
アメリカはMBA発祥の地であり、知名度が高いビジネススクールが多いのが特徴です。特にファイナンスやEコマースの分野では、競争が激しく世界の最先端の知識を学ぶことができます。
グローバルな視点や多様性を身に付け、将来国際的な活躍を目指すのであれば、ヨーロッパ諸国のビジネススクールがお薦めです。ヨーロッパ諸国のビジネススクールでは、世界を股にかけて学ぶカリキュラムが組まれているスクールが非常に多いです。アメリカのビジネススクールは、MBA取得後もアメリカ国内でキャリアを積むことを前提にしたカリキュラムが多いです。
アジアでの活躍するビジネスマンを目指すのであれば、オーストラリア、シンガポール、香港などのアジア太平洋地域のビジネススクールがお薦めです。アジアの各国は急成長を続けており、今後のアジア企業は欧米企業からも注目されていく事になるでしょう。何と言っても、われわれ日本人にとって、アジアでキャリアを積むことは国際社会に出ていくうえで大変有効で、多くの日本企業は欧米よりもアジアに詳しい人材を必要としています。日本人としてそしてアジア人として、アジアでキャリアを積むことは必然的なのかもしれません。

ゆび矢印立地と環境
留学期間中は、そこに1年ないし2年滞在し生活することになります。せっかくの留学なのですから、自分は都会派なのか田舎派なのか考えた上で、自分の生活パターンにあった立地と環境を選んで留学生活を満喫しましょう。

Uni of SAQUTUQ

【無料MBA診断】10年後のあなた診断。

MBA取得後のあなたはどうなっているでしょうか?10年後のあなたをのぞいてみましょう。
診断開始はこちらから

【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集

勉強や作業をしながらでもお聞きください!
MBA Loungeラジオはこちらから

【29歳以下限定会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!

仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中
詳細はこちらから

【無料TOEFL語彙クイズ】無料オンラインクイズ 全10回配信

登録時間10秒、全10回100語彙クイズを無料配信します。
無料TOEFL語彙クイズはこちらから

【無料メール講座】MBA出願・取得のノウハウ大公開

・メール講座①:出願で全滅しないために (全7回)
・メール講座②:MBA留学で落第しないために (全7回)
無料メール講座はこちらから

MBA出願までの道 ブログ

細かすぎて伝わらないMBA後のキャリアに必要なビジネススキル

MBA取得を目指す社会人の10人中10人は、MBAを通じてその後のキャリアを豊かにしたいと考えているはずです。 ...

相談:MBA受験するべきかどうか迷って決断できません

MBA相談会にお申込される方々は、既にMBA留学、MBA受験を決断している人たちばかりではありません。「MBA受...

MBA受験とその後キャリアで成功するために必要な3つのこと

MBA受験やMBA後のキャリアに関する相談をよく受けます。 このようなMBA・キャリア相談を頂ける方々のほとん...

MBA進学か?転職か?で悩んでいる人へ

定期的に開催しているMBA相談会では、毎回多くの人達との出逢いがあります。その中では、「MBA進学か?転職か?」...

MBA受験の歩き方:エッセイ・インタビュー対策で重要なこと3つ

MBA受験の準備していく過程で「自己分析」を欠かすことはできません。 Why MBA, Why this ...

MBA留学で費用対効果を最大限にするための2つのスキル

MBA留学相談会でよく頂く相談の一つは、「MBA留学による費用対効果」です。 2024 そりゃそうですよね。...

人生どん底のあなたが今やっておくべきこと(MBA受験、留学、転職)

MBA留学カウンセラーとして、毎年多くの方のMBA留学相談に乗らせて頂いていると、各人の今現在の様々な人生模様を...

MBA取得後の転職パターン3つと出願エッセイ・インタビュー対策

MBA取得を目指す方々は、ビジネススクール卒業後の就職、転職について不安でいっぱいかと思います。 MBA出願時のエ...

オンキャンパス(対面型)MBA、オンラインMBA、EMBAで価値が変わりますか?

海外MBA受験や海外MBA留学に関する相談会でよく頂くご質問があります。 「オンキャンパス(対面型)のMB...

【開催報告】IESEアドミニ西田さんへの20の質問

10/8(日)、スペインのIESEビジネススクールの西田朋史さんをお招きして、「IESEアドミニ西田さんへの20...

MBA受験に自信がないという貴方へ伝えたい2つのメッセージ

MBA相談会では、MBA受験を検討している多くの方とスケジュールやエッセイ、インタビュー対策、試験対策など様々な...

MBA受験の歩き方:発言するのが苦手でクラス貢献が不安な人へ。

MBA受験のためインタビューやエッセイ対策をしていると、「クラスへの貢献(Contribution to the...

ビジネススクールはMBA受験生のどこに注目しているのか?徹底解説

MBA出願では、GMAT/GREスコアやTOEFL/IELTSなどの英語試験スコアの他、インタビュー、エッセイ、...

MBA出願:推薦状についてよく頂く相談3つと回答

MBA出願に必要な書類の一つに、「推薦状(Referee’s letter)」があります。 受験生はMBA...

中年になる前にMBA留学した方がいい理由16連発(悲しき中年編)

先日、欧州出張でスペインへ行ってきました。 スペインは私にとって初めての訪問でした。 そんな初めての国へ海外出張...

MBA受験のインタビューで原稿読みをすると起こること3つ

MBA LoungeのMBA出願対策サポートでは、外国人講師との模擬インタビューのサービスがあります。 受...

MBA個別相談会で頂く質問3つについて解説

MBA Lounge が定期的に行っているMBA相談会では、本当に様々な相談に乗らせていただいております。 ...

30代、40代のMBA挑戦。最大限の効果を出すためのチェックリスト

30代から40代にかけてMBAやEMBAに挑戦したいんです、という相談を受ける機会が増えています。 各ビジ...

MBA Lounge川尻さんへ相談:神様はいますか?

MBA Loungeの受講生さんは皆、将来のキャリアについて意識が高い人たちです。 夢が実現すると信じ続けて日々努力し...

細かすぎて伝わらないMBA受験生の切なさ15連発

MBA受験は結構孤独との戦いです。 社費生でも私費生でも周りに打ち明けることなく、粛々と進めていくケースが多く、周りに...

Article
記事を読む


すぐに役立つ新着ブログ

MBAの悩み解決

Service
サービス一覧


日本人カウンセラーによるMBA出願対策
(エッセイ添削、インタビュー対策)から
転職サポートまで。
MBA留学・取得を目指す社会人の皆さんの
人生を楽しむキャリア形成を応援します!

        
MBA出願対策サポート

MBA出願対策サポート

無料説明会

日本人カウンセラーによるMBA出願対策コンサルティング。【100%保証】エッセイ、CV、インタビュー等スクールが求める基準まで引上げます。

シンガポールMBA個別相談会【オンライン

シンガポールMBA個別相談会【オンライン】

参加費2,200円(税込)

ビジネスを学ぶのに最高の環境と評されるシンガポール。MBA教育レベルも非常に高い。シンガポール国立大学(NUS)、南洋理工大学(NTU)、シンガポール経営大学(SMU)など。

スペインMBA個別相談会【オンライン】

スペインMBA個別相談会【オンライン】

参加費2,200円(税込)

国際色が豊かなIESE, ESADE, IEの各スクール。欧州でも人気留学先国のひとつ。

         
フランスMBA個別相談会【オンライン】

フランスMBA個別相談会【オンライン】

参加費2,200円(税込)

それぞれ特徴的なHEC Paris, ESSEC, ESCP, INASED。国際派ビジネスパーソンを目指すなら。

「海外オンラインMBA」個別相談会【オンライン】

「海外オンラインMBA」個別相談会【オンライン】

参加費2,200円(税込)

キャリアを中断せずにMBAの学位を取得することが可能な海外の主要なOnline MBAプログラムについて徹底的に解説いたします。

香港MBA個別相談会【オンライン】

香港MBA個別相談会【オンライン】

参加費2,200円(税込)

香港は、中国、そしてアジアのビジネスの中心地として多くのビジネスエリートが滞在する人気のMBA留学先のひとつ。

イギリスMBA個別相談会【オンライン】

イギリスMBA個別相談会【オンライン】

参加費2,200円(税込)

ケンブリッジ大学やオックスフォード大学などの名門校を筆頭に世界中からエリートが集まる名門大学が数多く存在。

中国MBA個別相談会【オンライン】

中国MBA個別相談会【オンライン】

参加費2,200円(税込)

アジアに大きな影響を与えている中国。CEIBS、復旦大学、上海交通大学、同済大学を中心に中国のMBAについて説明。

オーストラリアMBA個別相談会【オンライン】

オーストラリアMBA個別相談会【オンライン】

参加費2,200円(税込)

オーストラリアの大学は政府による教育水準の質が保証されており、大学間の格差が少ないのが特徴。シドニー大学やメルボルン大学、クイーンズランド大学など多くの大学が世界ランク上位に。

台湾MBA個別相談会【オンライン】

台湾MBA個別相談会【オンライン】

参加費2,200円(税込)

台湾大学、政治大学を中心に台湾のMBAについて説明。

キャリア個別相談会【オンライン】

キャリア個別相談会【オンライン】

参加費2,200円(税込)

MBA全般、転職、起業、自分のキャリア設計について

            
TOEFL対策講座【実績抜群TOEFLプロ講師に学ぶ】

TOEFL対策講座【実績抜群TOEFLプロ講師に学ぶ】

初回無料相談

TOEFL教育歴19年の講師が日本人のために開発したコンテンツで一気にスコアアップ。まずは初回無料相談へ。

IELTS対策講座【元IELTS試験官の講師に学ぶ】

IELTS対策講座【元IELTS試験官の講師に学ぶ】

初回無料相談

元IELTS試験官の英国人ロバート・ラッセル講師によるIELTS対策個別講座。日本人の弱点を知り尽くした名物講師・IELTS教育のプロが伝授。

自宅でできる模擬IELTS【元試験管カウンセリング付】

自宅でできる模擬IELTS【元試験管カウンセリング付】

1回 :20,000円 ~

IELTS元試験官があなただけのためにスコアリング・フィードバックし、今後のカンセリングを行います。自宅で受講可能。

GMAT対策講座【オンライン個別レッスン】

GMAT対策講座【オンライン個別レッスン】

初回無料相談

名門MBAへ数多く送り出す実績抜群のロンドンビジネススクールMBA卒講師によるスカイプでの完全個別レッスン。

3か国に滞在できるHULT個別相談会【オンライン】

3か国に滞在できるHULT個別相談会【オンライン】

無料相談会

3か国に滞在でき、国際派ビジネスマンにおすすめのHULT。概要、スクール特徴、出願方法、出願対策など、HULTに関することなら何でも、正規日本窓口の私たちにお任せください。

   

すぐに役立つMBAコンテンツ