【ヒーローインタビュー】中村優介さん(32歳)シンガポール国立大学(NUS)

ゆび矢印名前  :中村優介さん
ゆび矢印年齢  :32歳
ゆび矢印勤務先 :日系大手損害保険会社
ゆび矢印MBA受験中のお住まい :東京都
ゆび矢印進学校 :シンガポール国立大学(NUS)(シンガポール)

(MBA Lounge 川尻、以下川尻)MBA留学前はどんなお仕事をしていましたか?

(中村優介さん、以下中村さん)大学卒業後、日系大手損害保険会社に就職。営業、人事を経てMBA社費生に選出されました。

(川尻)なぜMBAを取得しようと思ったのですか?

(中村さん)MBA社費生に応募した主な理由は以下2点です。

①当社の一社員として、当社の海外戦略に貢献したい。
当社にとって海外戦略は極めて重要である一方、私は海外経験ゼロ(海外旅行数回のみ)であり、そのギャップを埋める策として海外MBAは最適と考えた。

将来担う役割に向けスキル向上させたい。
営業で予算統括の役割を担う中で、理想と現実のギャップに悩まされることが多く自身のマネジメントスキル向上の必要性を強く認識した。また私の経験が国内に限定されており、海外戦略を担うためのビジネススキルを効率的かつ最速で学べる機会が海外MBAにあると考えた。

(川尻)なぜMBA Loungeのサービスに申し込もうと思ったのですか?

(中村さん)昨年の当社社費生(MBAラウンジ出身者)よりシンガポールMBAの事情に詳しいと紹介いただきました。実際に川尻さんとお会いし、「信用できる」と直感しその日のうちに申込みを決めました。

(川尻)MBA Loungeのサービスを受けてどう変わりましたか?

(中村さん)MBA受験の早い段階で、ナンヤンアドミッションと面談の機会をセッティングいただき受験の全体像を早期に掴むことができました。エッセイ、インタビュー対策においても適切なアドバイスをいただき、自信を持って受験に臨むことができました

(川尻)なぜシンガポールを選んだのですか?

(中村さん)1万人を超える当社社員の中で、アジアMBAを取得予定の人物は私を含め2人のみであり、社内での差別化に繋がることから、昨年度新設されたばかりのアジアMBA研修生に応募しました。

東南アジア市場は外資保険会社を受け入れやすい土壌があり、今後の当社の成長の柱となることを見込んでいます。シンガポールはそのマーケット拡大の拠点になることからシンガポールでのMBA取得を志しました。

(川尻)なぜNUSを選んだのですか?

(中村さん)NUS,NTUと合格をいただきましたが、最終的にはNUSを選択しました。
どちらのプログラムも魅力的でしたが、純ドメの私にとってはNTUの11か月プログラムと比較しNUSの長期プログラムは適応期間含め自分に合っていると判断しました。

(川尻)スクール選びで悩んだことは?

(中村さん)当初から NUS,NTUを第一志望としていたので悩みませんでした。

(川尻)受験準備には通算でどのくらいの期間を要しましたか?

(中村さん)約1年です。

(川尻)受験準備で一番苦労したことは?

(中村さん)英語全般です。IELTS、GMATともに苦戦を強いられました。目標点を取るまでのGMAT総学習時間は1,000時間を軽く超えていたと思います。最終的にはシンガポールMBAの中では競争力ある点数を確保でき、ある程度余裕を持ってインタビューに臨むことができました。

(川尻)受験準備で失敗したなあ、と思ったことは?

(中村さん)社費選出された時点(約1年前)からあわててIELTSの対策をスタートしましたが、社費制度に応募した時点(1年半前)で対策をスタートさせていれば、もっと余裕のある受験ができたと思います。

(川尻)MBA取得後のプランは?

(中村さん)会社に戻り、当社の海外戦略の一翼を担うことを目標としています。

(川尻)これからMBAを目指す方にアドバイスをお願いします。

(中村さん)目標に向かって頑張ってください!シンガポールのMBAに興味ある方は協力できることもあると思うので、川尻さんを通じてご連絡ください。

(川尻)川尻にメッセージをお願いいたします。

(中村さん)長期に渡り、サポートいただきありがとうございました。丁寧な対応に助けていただき感謝しております。今後も何卒よろしくお願いいたします。

Copyright © 2019 Lounge Group Limited All Rights Reserved.