あなたのMBA留学をあきらめさせる悪魔のささやき3つ

2022/03/20

MBA留学を一旦は決意したものの、様々な理由でその挑戦を断念してしまうケースがあります。

言うまでもなく、MBA留学やMBA取得の必要性は人それぞれですので、その人のキャリアを考えた場合MBAが不要であれば全く問題ありません。必ずしもMBAを取得した方がいいわけではありません。

しかしながら、中にはMBAを取得した方がいいにも関わらず間違った決断をして結局MBAを諦めてしまうというケースもチラホラ見られます。

今回は、そんなMBAが必要な人に襲い掛かる「MBA留学を諦めさせる悪魔のささやき3つ」をご紹介します。

【ささやき1】費用対効果が悪いのではないか

私費留学の場合、MBA取得には大きな経済的負担がかかります。学費だけではなく、留学の場合現地での生活費はもちろん、一番不安になるのは、MBA履修期間は基本的に収入がなくなってしまうということでしょう。

新築の家を購入するときの頭金にもなるほどの金額をMBAの学位に費やすには相当の覚悟が必要になります。

そして、MBAを取得したからと言ってその先の転職は何ら保証されるものではありません。給料が上がるのかも不透明で、考えようによってはキャリアをまたイチからスタートしなければならないと思う人もいるかもしれません。

一方で、MBAを通じてお金には代えがたい習得物を得るのも事実です。幅広いビジネス知識、コミュニケーションスキル、リーダーシップスキル、世界中のクラスメートとのネットワーク、それら一連の経験、そして自信を付けることができるはずです。MBAで習得したこれらのリソースは、使い方を大きく間違えなければ、MBA留学でかかった投資金額の何倍にもなって返ってくるでしょう。

たった1年または2年ほどの期間ですが、その後の人生を大きく変えるだけのインパクトを持つはずです。

資金を取るか?
MBAで得られる知識、スキル、経験、ネットワークを取るか?

ですね。

【ささやき2】30歳を過ぎて今さら遅すぎる

MBA留学に関する相談を受けていると「30歳」を一つの区切りと考えている人も多いです。30歳を過ぎたらMBA留学には遅いのではないか、と心配する声もたまにききます。

各ビジネススクールのホームページを見ると分かりますが、MBA学生の平均年齢は27歳から33歳くらいのスクールが多く、30歳を超えたからと言って決して遅すぎることはありません。

実際のところ大事なことは、年齢や実務経験年数相当の実績を上げてきているか、ということです。実務経験が8年の30歳であれば、8年間でそれ相当の経験を積んできているのか、ということです。

例えば、38歳の人であっても実務経験が15年以上あり、マネジメント経験、リーダーシップを発揮した経験が豊富な人であれば、28歳で大した実績もない人よりも有利になると思います。

年齢よりも、今まで何をやってきたのか、という観点から自分を棚卸ししていくことが何よりも大切です。

【ささやき3】最近会社に転職できた

MBA留学を検討して私の相談会に来られる方々は、直近のキャリアを「留学」と「転職」を天秤にかけて検討している場合が多いです。

仮に留学準備と転職活動を同時に始めた場合、一般的には転職活動が先に終了する可能性が高いと思います。そうすると、留学を辞めて転職先で頑張ろう、という方向転換をする人も多いです。

MBAではなく転職することによって本人が満足するキャリアパスを描けるのであればそれは第二のキャリア成功と言えます。

但し、もっと長期的な視点で見た場合、人によっては早い段階でMBAプログラムで訓練することでビジネススキルやネットワークを形成しておいた方がいい場合もあります。

自分のキャリアを真剣に考えてみて、本当にMBAではなくて転職でいいのか、または転職ではなくMBAでいいのか、を明確にすることが重要です。

情報収集には感情バイアスに気を付けて

自分には本当にMBAが必要なのか?
それだけの金額を投資する覚悟があるのか?
留学よりも転職の方のいいのではないか?

自分のキャリアについて中々決断できない人は、ウェブサイトを検索したりして情報収集をするわけですが、その情報収集では大きな罠があります。

それが「感情バイアス」です。

Wikipediaでは、「感情バイアス」を以下のように解説しています。

・たとえ相反する証拠があっても、心地よい感覚をもたらす肯定的な感情効果のあることを信じたがる。
・好ましくない、精神的苦痛を与えるような厳しい事実を受け入れたがらない。
(出典:Wikipedia)

多くの人は情報収集するときに、この「感情バイアス」を持って物事を判断してしまいがちです。

例えば、今まで自分が貯めた資金をMBAではなく他のことに使った方がいいのでは?と思いながら情報収集をすると、「MBAは費用対効果が悪い。」とか「MBA留学では得られるものが少ない。」という記事ばかりを集めてしまうというもの。

それで結局自分が最初に直感で決めた選択を情報収集したうえで論理的に判断したと考えてしまうというケースもあります。

重要な決断をするための情報収集は完全ニュートラルな状態で行う必要があります。そのため、第三者に意見を求めてすれを素直に聞き入れる姿勢も重要になってきます。

あなたの今後の人生がかかっているんです。情報収集には感情バイアスに気を付けて、適切な判断をするように注意しましょう。

【無料メルマガ】MBA出願や留学生活のノウハウを無料で公開
第1弾:MBA出願メルマガ(全7回)、第2弾:留学生活編(全7回) 無料登録はこちらから
【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断
あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから
【無料動画】MBA出願対策無料動画講義
MBA出願対策の無料動画で、出願のノウハウを掴みましょう。 無料視聴はこちらから
【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集
勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから
【留学準備の会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!
仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから
【無料語彙力チェック】スマホで学べる。TOEFL語彙無料クイズ全10回配信
全10回配信。TOEFLスコアアップに悩んでいる方全員が有効に活用できる語彙力アップツールです。 無料登録はこちらから
【国内・海外就職】国家資格キャリアコンサルタントが徹底サポート
IT,コンサル,広告,ベンチャーなどの転職を希望の方にはぴったり 詳細はこちらから

Article
記事を読む


すぐに役立つ新着ブログ

MBAの悩み解決

Service
サービス一覧


日本人カウンセラーによるMBA出願対策
(エッセイ添削、インタビュー対策)から
転職サポートまで。
MBA留学・取得を目指す社会人の皆さんの
人生を楽しむキャリア形成を応援します!

すぐに役立つMBAコンテンツ