トップMBA合格率が5%上がる秘訣。20代で習得したいスキル3つ

2020/11/11

トップMBAに合格する秘訣は何ですか?

こんな質問をうけることがあります。

トップMBAに限らず、ビジネススクール全般に言えることですが、私はMBAアドミニがMBA受験生に求めていることが手に取るように分かります。

トップMBAのビジネススクールはどんなスキルをもった学生が欲しいのか?
トップMBAのビジネススクールは受験生にエッセイでどんなことを書いてもらいたいと思っているのか?
トップMBAのビジネススクールはは受験生にインタビューでどんな回答をしたもらいたいと思っているのか?

合格するにはある3つのスキルを身に付けておく必要があるのですが、それは決して数週間、数か月で身に付くようなものではありません。

ですので、これらのスキルの必要性に早い段階、できれば20代のうちに気付いて、その準備を数年も前から着実に行っておくことを推奨します。

今回は、そんな「トップMBA合格率が5%上がる秘訣。20代で習得したいスキル3つ」をお届けします。

情報を伝えるスキル

MBAに限らず、コミュニケーション力はビジネスに携わる人間として生命線です。

どんなに幅広い知識、優れた考え、豊富な経験をもっていたとしても、それを相手に分かりやすく伝えることができなければ、全ては宝の持ち腐れになってしまいます。

皆さんも今までの経験上で「この人はよくしゃべるけど結局何を言っているのかよく分からないな。」なんていう人に会ったことはないですか?

人は自分の持っている情報や考えを相手に伝えることで正しく評価を受けることができるんです。

複雑な物事を簡潔にシンプルに伝えることはできますか?
長くなる話を手短に伝えることはできますか?

MBA受験で準備するCVは基本的には1ページを推奨されています。たまに3ページも4ページも費やして自分の実績の豊富さをアピールする方もたまにいますが、それは複雑な話、長い話を端的に伝えるスキルが欠如していると捉えられる危険性があります。

MBA出願用エッセイも同様です。MBA受験用のエッセイの多くは300wordsや400wordsという比較的短い文字制限となっています。これも受験生の簡潔に物事を伝えことができるかどうかを試しているのです。

出願インタビューでも、たとえ流暢な英語で正しいことを話したとしても、それが長すぎたり、的外れだったりすれば、全く意味がありません。

シンプルに簡潔に伝えることを意識しましょう。

イノベーティブな思考

トップMBAに合格するには、イノベーティブな思考を持っている必要があります。
「イノベーティブ」なんて言葉は一種の流行語のようにビジネスの現場でよく使われますが、本当にみんなその意味を理解して実行しているのかどうかは疑問です。

イノベーションとは簡単に言ってしまえば、「今までのやり方を否定して新しいやり方で更なる向上に挑戦すること」と言えるでしょう。でも、これはとても難しいことです。

なぜなら、イノベーションは面倒くさいからです。
そして、苦痛だからです。
時間がかかるからです。
周りから冷やかしの目で見られるからです。

現状に危機感を持ち、自分の仕事や会社、プロジェクトに相当な思い入れがないと途中で挫折してしまうものです。

会社員の多くは自分の仕事や会社、プロジェクトに危機感をもっておらず、現状維持を望みます。そんな人たちにとって、「今のままではダメだ。新しいことを始めるぞ。」という人は邪魔で仕方がありません。
イノベーションを興す人は、怏々としてそのような保守的な人たちから妨害を受けることになります。

それでも自分の意思を貫いてやり通すことができますか?

これをやり通すには根気と粘り強さが必要になります。でもそれでもやり遂げることができるのであれば、競争率の高いトップMBA受験であっても、その実績とそこからの学びは、きっと大きな武器になるはずです。

考えるチカラ

トップMBAに合格するには、自分で物事をじっくりと考えるチカラが必要です。

「自分で考えなさい。」

子供の頃、両親や先生からこんなことをよく言われたりしませんでしたか?

自分で考えて行動しなければいけないのは当たり前じゃないか、と思っている人も多いかもしれません。でも、実際は本当に自分で考えて行動している人は少ないものです。

それは特にワンマン社長や上司下で働いている方々に多いです。

社長や上司がワンマンな職場では、部下が考えてきた案をことごとく否定して、結局自分の意見を通そうとするものです。そうなれば、部下としては自分で考えても全くの無意味と思うようになり、次第に自分で考えることを辞めてしまいます。

でもMBA受験ではそうは言ってはいられません。

そのような不幸な職場にお勤めであっても、一旦仕事とMBA受験は切り離して「自分で考えて行動する」ことを意識するようにしてください。

まとめ

以上、3つが「トップMBA合格率が5%上がる秘訣。20代で習得したいスキル3つ」です。

言うまでもなくこれらのスキルはすぐに習得できるモノではありません。じっくりと時間をかけて少しつづ自分の価値観を変えていく必要があります。

そして、MBA受験前までに少しでもこれらのスキルを発揮した証拠を残しておきたいところですので、やっぱり時間がかかるのです。

●情報を伝えるスキル
●イノベーティブな思考
●考えるチカラ

もちろんこれらのスキルを習得するメリットはMBA受験を超えたところにあります。ビジネスパーソンとして成功するためには必須のスキルともいえるでしょう。

【無料メルマガ】MBA出願や留学生活のノウハウを無料で公開
第1弾:MBA出願メルマガ(全7回)、第2弾:留学生活編(全7回) 無料登録はこちらから
【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断
あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから
【無料動画】MBA出願対策無料動画講義
MBA出願対策の無料動画で、出願のノウハウを掴みましょう。 無料視聴はこちらから
【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集
勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから
【留学準備の会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!
仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから
【無料語彙力チェック】スマホで学べる。TOEFL語彙無料クイズ全10回配信
全10回配信。TOEFLスコアアップに悩んでいる方全員が有効に活用できる語彙力アップツールです。 無料登録はこちらから
【国内・海外就職】国家資格キャリアコンサルタントが徹底サポート
IT,コンサル,広告,ベンチャーなどの転職を希望の方にはぴったり 詳細はこちらから

Article
記事を読む


すぐに役立つ新着ブログ

MBAの悩み解決

Service
サービス一覧


日本人カウンセラーによるMBA出願対策
(エッセイ添削、インタビュー対策)から
転職サポートまで。
MBA留学・取得を目指す社会人の皆さんの
人生を楽しむキャリア形成を応援します!

すぐに役立つMBAコンテンツ