MBA留学決断ができず、いつまでも会社員を続けている人のリスク3つ

2021-01-04

会社を辞めてMBA留学をするのはリスクが高いと思います。だから中々決心が付きません。。。。

MBA留学相談会では、このような相談を頂くことは多いです。世間一般的は、会社を辞めてMBA留学することはリスクと思われているかもしれません。

確かに将来の何の計画もなく、ただ単にMBA留学やビジネス系大学院留学、海外生活に憧れているだけであったり、今の仕事が嫌だからとりあえず会社を辞めたいといった理由では、会社を辞めて留学するのことのリスクは非常に高いと思います。

しかし、しっかりと将来設計を立てて、なんとなくでもいいので「自分にはMBA留学やビジネス系大学院留学が必要なのでは?」感じるのであれば、それは逆に会社員を続けている方が大きなリスクだと思います。そして、そのリスクは、何も考えずにとりあえず留学しようとするリスクよりも高いです。行動しないリスクは、行動するリスクよりも高いのです。

そこで今回は、MBA留学やビジネス系大学院留学の決断ができずに、会社員を続けることのリスクに焦点をあてて、「MBA留学の決断ができず、いつまでも会社員を続けている人のリスク3つ」をご紹介します。

学習機会の損失リスク

MBA留学やビジネス系大学院留学の決断ができずに、会社員人生をずっと続けていくことは、ビジネスを学ぶ機会を損失するリスクがあります。

こんな事を言うと反論もあるかもしれませんが、会社員というのは会社の都合でいいように使われる存在です。

会社は、あなたにビジネスを学習してもらうために仕事を与えているのではなく、会社が利益を得るためにあなたに仕事を与えているのです。最優先は利益であってあなたの学習ではありません。

そうすると、人によっては同じ部署に長年留まっているケースも多くなり、会社から社員に与えられる学習機会は限られてきます。正に会社の歯車のひとつです。

会社によっては社員に会社全体の経営状況を知ってもらいたくないなんていうブラック企業もあると思います。

それが20代の前半だけならいいですが、20代後半、30代になっても同じような状況が続くようであれば、ビジネスの学びの意欲が旺盛な人にとっては、時間の浪費以外何者でもありません。貴重なビジネスの学びの機会を失うことになり、これは大きなリスクです。

特に、MBAでは短期間でこれらビジネス理論などのハードスキルに加えてリーダーシップや交渉力などのソフトスキルを学ぶことができます。

そして、それらの経験とスキルをもって、MBA習得後は(多くのケースで30代前半のうちから)、ビジネスのハードスキルとソフトスキルを擁している人材として次のステップに進むことができます。

人生を変えるチャンス損失のリスク

MBA留学やビジネス系大学院留学の決断ができずに、会社員人生をずっと続けていくことは、人生を変えるチャンスを逃している可能性があります。

なるべく現状維持でこのまま定年退職したいと思っている人はいいですが、例えば、移住する国を変えたい、職種や業界を変えたい、年収を10倍にしたい、など現状とのギャップが大きい夢を持っている人ほど、このまま会社員人生を続けることはリスクです。

何かを大きく変えたいのであれば、大きく動かなければいけません。いま自分が大きく動かずに、将来を大きく変えたいという、そんな虫のいい話はありません。

MBA留学やビジネス系大学院留学は、ある意味では今までのキャリアを一旦リセットすることを意味します。働く場所も、キャリアも、一旦はリセットです。
だからこそ、また白紙に新たな人生を自由に描いていくことができるんです。

人生を大きく変えたいのであれば、大きく動きましょう。

収入アップ機会の損失リスク

MBA留学やビジネス系大学院留学の決断ができずに、会社員人生をずっと続けていくことは、収入アップの機会を失うリスクがあります。

もしもあなたが、現在既に高給取りで、社内からの信頼も厚く、自分の実力を充分に発揮できる環境であれば、現状のままお仕事を頑張った方が収入アップするかもしれません。それであれば全く問題ありません。

一方で、もしあなたがそのような恵まれた環境にない場合は、収入アップを目指してMBA留学やビジネス系大学院留学をした方が将来的な収入アップは見込まれると思います。

これも上述の「学習機会の損失リスク」と「人生を変えるチャンス損失のリスク」に通じるところがあります。

「学習機会の損失リスク」でお話した通り、なるべく若い内にMBAなどで学ぶことで、ビジネスのハードスキルとソフトスキルを擁した人材として頑張れば、いまのまま会社員を続けるよりも生涯収入が高くなる可能性は高いはずです。

「人生を変えるチャンス損失のリスク」でお話した通り、収入を大きく変えたいのであれば、自分が大きく行動するしかありません。

まとめ

会社を辞めてMBA留学やビジネス系大学院留学をすることは本当にリスクが高いのでしょうか?

現況に満足しているのであれば、留学することはリスクが高いと思います。でも、現状に満足していないのであれば、いまの状況をそのまま続ける方がリスクが高いと思います。

そんな人たちが、MBA留学の決断ができず会社員を続けるリスクは以下3つです。

学習機会の損失リスク
人生を変えるチャンス損失のリスク
収入アップ機会の損失リスク

今の延長上に自分の求める成功は無いという危機感をもって思い切って行動した方が、結果的に成功に近づくのではないでしょうか。

【無料メルマガ】MBA出願や留学生活のノウハウを無料で公開

第1弾:MBA出願メルマガ(全7回)、第2弾:留学生活編(全7回) 無料登録はこちらから

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料動画】MBA出願対策無料動画講義

MBA出願対策の無料動画で、出願のノウハウを掴みましょう。 無料視聴はこちらから

【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集

勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから

【留学準備の会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!

仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから

【無料語彙力チェック】スマホで学べる。TOEFL語彙無料クイズ全10回配

全10回配信。TOEFLスコアアップに悩んでいる方全員が有効に活用できる語彙力アップツールです。 無料登録はこちらから

【国内・海外就職】国家資格キャリアコンサルタントが徹底サポート

IT,コンサル,広告,ベンチャーなどの転職を希望の方にはぴったり 詳細はこちらから
Copyright © 2021 Lounge Group Limited All Rights Reserved.