相談:MBA受験で出身大学や勤務先会社名は重要ですか?【保存版】

2021/10/02

「MBA受験で出身大学や勤務先会社名は重要ですか?」

これは、MBA留学個別相談会で多く受ける質問です。

実際のところどうなんでしょうか?

MBAを学ぶビジネススクールを選ぶときには、よくMBAランキングを参考にされます。トップスクールであればあるほど、必然的に競争率が高くなるわけですが、その際に出身大学や勤務先は重要なのでしょうか?

または、無名大学出身でも、零細企業出身でも、一発逆転でトップスクールに入学することは可能なのでしょうか?

今回は、多くのMBA受験生が気になる質問「MBA受験で出身大学や勤務先会社名は重要ですか?」に回答します。

有名大学や有名企業は有利

まずは結論から。
確かに有名大学や有名企業は有利です。

有名大学を卒業しているということは、有名大学に入るための受験戦争に勝ち抜いてきたという証拠です。同様に、有名企業に入社するのも、多くの場合他の人よりも抜きんでた能力やポテンシャルを企業に認められた証拠です。

もちろん出身大学や勤務先だけで受験者の素質が本当に分かるわけではありません。とは言え、トップビジネススクールの入学審査官は、世界中から寄せられる数多くの受験者の中から合格者を選定しなければなりません。

そのため、出身大学や出身企業は受験者の素質や実績を示す一つの指標として参考にしています。

大学よりも企業の方が重要視される

出身大学と出身企業を天秤にかけるなら、出身企業の方がより重要視される傾向があります

どこのビジネススクールであってもその使命は、「優秀なビジネスリーダーや経営者を社会に輩出すること」です。

何年も前に大学で学んだ内容よりも、直近の企業でどんな仕事をしてきたか、の方が優秀なビジネスリーダーや経営者としての素質を備えているのかが分かりやすいのは当然です。

ただ、もちろん名の通った企業に勤めていただけでは何の意味もありません。
そこでどんな仕事をしてきて、どんな成果を上げたのかをしっかりと履歴書(CV)に反映をさせていなければ、ビジネススクールはその受験生のポテンシャルを評価することができません。

名の通った企業でしっかりと最高のパフォーマンスを上げていることを証明できれば、それはMBA受験者としてかなり有利な位置につけることができるはずです。

無名大学、零細企業出身というだけで諦めてはいけない

「自分は有名大学出身でも有名企業出身でもない。」

だからと言ってトップスクールへの出願を諦めるべきではありません。
上述の通り、確かに有名大学や有名企業出身であれば有利ではありますが、一方で、大学名や企業名だけで受験生のポテンシャル全てが分かるわけではありません。

これは数多くある審査項目の一つに過ぎません。
そして、これは合格・不合格を決定する決定打にはなりません。ただ単に有利であるに過ぎないのです。

本サイトのブログやYoutube、メルマガなどで何度か話をしていますが、合格・不合格の決定打になるのは、あくまでもインタビューとエッセイです。ビジネススクールはインタビューとエッセイを通じて、受験生がどのような人間なのかを綿密に審査します。

上述の通り、ビジネススクールの使命は、「優秀なビジネスリーダーや経営者を社会に輩出すること」です。それを測る指標は、出身大学、出身企業、そしてGMATスコアよりも、その人の考え方や経験、人柄などが大きく影響することを知っています。

ですので、本当にトップスクールに行きたいのであれば、自分は無名大学、零細企業出身だから諦めよう、とすることは絶対に辞めましょう。そんな間違って決断をすると一生後悔することになりかねません。

ビジネススクールが求める学生像

では、ビジネススクールはどのような学生を望んでいるのでしょうか。

しつこいですが、ビジネススクールの使命は、優秀なビジネスリーダーや経営者を社会に輩出すること。そのため、単純に「将来に優秀なリーダーや経営者になりそうな人=理想の学生像」です。

主には以下の特徴を持った人が将来的なポテンシャルのある学生と言えるでしょう。

・仕事での輝かしい実績が豊富
・様々なタイプの人間と仕事をした経験が豊富
・誰からも好かれる人柄
・趣味が多く仕事以外でも充実している
・批判を受けても冷静に対処できる
・粘り強さがある
・チームをまとめた経験が豊富
・異文化間コミュニケーションに長けている

ビジネススクールでは、MBA出願者に上記のような素質を兼ね備えているのか、をインタビュー、エッセイ、CV、GMATスコア、IELTS/TOEFLスコア、そして出願するまでのMBAイベント参加履歴や対面打ち合わせ履歴などを参考に審査していくことになります。

まとめ

「MBA受験で出身大学や勤務先会社名は重要ですか?」

この質問に対しての回答としては、

・大学名や企業名は名が通っていた方が有利
・但しそれが合格・不合格の決め手にはならない
・ビジネススクールの使命は、優秀なビジネスリーダーや経営者を社会に輩出すること。
・将来に優秀なリーダーや経営者になりそうな人=理想の学生像
・それを知るために、ビジネススクールの入学審査官は、インタビュー、エッセイ、CV、GMATスコア、IELTS/TOEFLスコア、そして出願するまでのMBAイベント参加履歴や対面打ち合わせ履歴などを参考にしている

【無料メルマガ】MBA出願や留学生活のノウハウを無料で公開
第1弾:MBA出願メルマガ(全7回)、第2弾:留学生活編(全7回) 無料登録はこちらから
【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断
あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから
【無料動画】MBA出願対策無料動画講義
MBA出願対策の無料動画で、出願のノウハウを掴みましょう。 無料視聴はこちらから
【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集
勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから
【留学準備の会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!
仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから
【無料語彙力チェック】スマホで学べる。TOEFL語彙無料クイズ全10回配信
全10回配信。TOEFLスコアアップに悩んでいる方全員が有効に活用できる語彙力アップツールです。 無料登録はこちらから
【国内・海外就職】国家資格キャリアコンサルタントが徹底サポート
IT,コンサル,広告,ベンチャーなどの転職を希望の方にはぴったり 詳細はこちらから

Article
記事を読む


すぐに役立つ新着ブログ

MBAの悩み解決

Service
サービス一覧


日本人カウンセラーによるMBA出願対策
(エッセイ添削、インタビュー対策)から
転職サポートまで。
MBA留学・取得を目指す社会人の皆さんの
人生を楽しむキャリア形成を応援します!

すぐに役立つMBAコンテンツ