MBA合格後に読んでおきたい書籍厳選3冊(リーダーシップ編)

2021-06-13

MBA合格が決まった当社の受講生さんから、「入学までに読んでおくべきお勧めの本を教えてください。」と言う相談を受けることがあります。

通常、MBA合格から入学までは、数ヶ月の時間的余裕があります。この期間を有効活用して、ビジネススクール入学後に役立つ書籍の一冊や二冊でも読んでおきたいところです。

そこで今回は、「MBA合格後に読んでおきたい書籍厳選3冊(リーダーシップ編)」をお届けします。

NO RULES 世界一「自由」な会社、NETFLIX

netflix

(NO RULES 世界一「自由」な会社、NETFLIX リード・ヘイスティングス、エレン・メイヤー著 土方奈美約 日本経済新聞出版 2020年)

一冊目は、NETFLIX(ネットフィリックス)の共同創業者・会長兼CEOであるリード・ヘイスティングスさんと、INSEAD教授のエレン・メイヤーさんの共同著書です。

この書籍は、NETFLIX特有な「自由と責任の企業文化」について書かれた書籍であり、この書籍自体がリーダーシップを論ずる上で参考書となる本ではないかと個人的には思います。

本書籍で説明されているNETFLIXの企業文化は一つのビジネスフレームワークとして成立しています。事前にこの本を読んでおけば、そのフレームワークを他の企業でも応用できるので、MBA講義やグループワークでも貢献するための材料となるでしょう。

この本では、NETFLIXのマネージャーが「自由と責任の企業文化」を維持するために適用しなければならないリーダーシップに関しても議論されています。

例えば、NETFLIXのフレームワークには三つのリーダーシップアプローチがあります。

1.能力の密度を高める
とにかく優秀な人材を集めてくることが大切です。人を見る目も非常に重要になります。

2.率直さを高める
上司、同僚、部下を問わず自由に建設的なフィードバックをする機会が与えられています。反対意見を言わないのは会社への裏切り、貢献してないと判断されます。

3.コントロールを減らす
出張規定や休暇規定などをなど不要な社内規定を全て廃止しています。

これだけでは、きっと何のことだか分からないかもしれません。
しかしながら、この本を読めば、このアプローチはとても画期的で、今すぐ自分の会社でも通用するのか試してみたくなるかもしれません。もちろん、MBAプログラムでもこのアプローチを使ってリーダーシップに関して議論する材料としても大変有効です。

ティム・クック アップルをさらなる高みへと押し上げた天才

ティム・クック

(ティム・クック アップルをさらなる高みへと押し上げた天才 リーアンダー・ケイニー著 堤沙織訳 SBクリエイティブ 2019年)

二冊目は、アップルの現CEO、ティム・クックについて書かれた書籍です。

アップル社の創業者と言えば、言わずと知れたスティーブ・ジョブズですが、このティム・クックはスティーブ・ジョブズから直接、後継者として選ばれた男です。

ティム・クックは、そんなスティーブ・ジョブズの期待に応えジョブズの死後さらにアップル社を成長させ、その手腕は天才と称されています。

しかしながら、スティーブ・ジョブズとティム・クックは、性格も、経営スタイルも、考え方も正反対なんです。

例えば、ジョブズは気性が荒く、大声を上げて怒鳴ることも頻繁にありましたが、ティム・クックは非常に物静かで、叫ぶことも怒鳴ることもありません。

ジョブズはチーム同士、個々の役員同士で競い合わせました。一方クックは、チームで強調し円満を良しとしました。対立やいざこざが大嫌いです。

ジョブズは慈善事業を一切行いませんでした。一方クックは、慈善プログラムを数多く立ち上げています。

ティム・クックは本書で、「自分がなれるのは自分自身だけだ、と言うことを理解しています。」(p39)と述べています。アップルの経営に関して、クックは、スティーブ・ジョブズの真似をしようとはしませんでした。

同じ会社を性格も考え方も180度違う経営者が舵取りをして、なぜ共に大成功させることができたのでしょうか。そのヒントがこの書籍には書かれています。

ディズニーCEOが実践する10の原則

ディズニーCEOが実践する10の原則

(ディズニーCEOが実践する10の原則 ロバート・アイガー著 関美和訳 早川書房 2020年)

三冊目は、ウォルト・ディズニーカンパニー会長・前CEO(執筆当時)のロバート・アイガー氏が彼自身のキャリアを書いた書籍です。

1974年、ロバート・アイガーは米国ABC テレビで下っ端から働き始め、出世を繰り返し2005年にディズニーCEOへと登り詰めた生きる伝説と呼ばれている人物です。

ディズニーCEOに登り詰める過程で、様々なタイプの同僚、上司、パートナーと仕事を共にしてきた雑草魂溢れるロバート・アイガーだからこそ持ち得るリーダーシップのスタイルがあります。

CEOとしての有名な実績は、ピクサー、マーベル、ルーカスフィルム、21世紀フォックスと総額9兆円にも及ぶ買収です。これを実現させたその裏には、彼自身が大切にするリーダーの原則と言うものがあります。この本では、それが事細かに本人の言葉です説明されています。

まとめ

以上がMBA開始前に読んでおきたい厳選3冊(リーダーシップ編)です。

NO RULES 世界一「自由」な会社、NETFLIX リード・ヘイスティングス、エレン・メイヤー著 土方奈美約 日本経済新聞出版 2020年

ティム・クック アップルをさらなる高みへと押し上げた天才 リーアンダー・ケイニー著 堤沙織訳 SBクリエイティブ 2019年

ディズニーCEOが実践する10の原則 ロバート・アイガー著 関美和訳 早川書房 2020年

NETFLIX、アップル、ディズニーと、いずれも世界を代表する超有名企業です。このような有名企業を調査、分析をしておくと、MBA講義でクラスに貢献しやすくなります。なぜなら、教授を含めクラス全員が知っている企業なので伝えやすいからです。

これからMBA留学をするよ、という人は是非この三冊を手に取ってみることをおススメします。

【無料メルマガ】MBA出願や留学生活のノウハウを無料で公開

第1弾:MBA出願メルマガ(全7回)、第2弾:留学生活編(全7回) 無料登録はこちらから

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料動画】MBA出願対策無料動画講義

MBA出願対策の無料動画で、出願のノウハウを掴みましょう。 無料視聴はこちらから

【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集

勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから

【留学準備の会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!

仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから

【無料語彙力チェック】スマホで学べる。TOEFL語彙無料クイズ全10回配

全10回配信。TOEFLスコアアップに悩んでいる方全員が有効に活用できる語彙力アップツールです。 無料登録はこちらから

【国内・海外就職】国家資格キャリアコンサルタントが徹底サポート

IT,コンサル,広告,ベンチャーなどの転職を希望の方にはぴったり 詳細はこちらから
Copyright © 2021 Lounge Group Limited All Rights Reserved.