MBA知識は10年後も役立ちますか?

2022/04/08

「先日、某ビジネススクールのマーケティングのサンプル講義に参加したら1990年のケースを使っていてガッカリしました。」

MBA Loungeの受講生さんからこんな話がありました。

スクールで扱うケースは古くてはダメなのか?
常に最新の方がいいのか?
変化し続ける社会でMBA知識は10年後も役立つのか?

今回はこれに関して回答します。
これを最後まで読む人と読まない人とでは、10年後大きな差がでるかもしれません。

MBA知識

ビジネススクールで学んだことを、100%そのまま活用しようとしているようでは、MBAの知識を役に立てるのは難しいです。

モノゴトは全て「抽象化」して考えることができなければいけません。

例えば、テック系の強い某トップスクールに入学したMBA Loungeの元受講生さんは、最近「Cryptocurrency(暗号通貨)」の講義を取ったそうです。その講義では、Cryptocurrencyが始まった歴史や仕組みについて学んだりするのですが、誤解を恐れずに言うと、それ自体が重要なのではありません。

この講義で身に付けるべきものは、「新しいアイデアをビジネスの現場で実用化するスキル」です。

そう考えると、必ずしもCryptocurrencyの講義ではなくても極端な話、「保険ビジネスの歴史講義」でも「株式の歴史」でも何だっていいんです。

私がMBA留学していたときは、当時最新のケースだったGoogleがYoutubeを買収した戦略について学びました。当時Youtubeは設立からたったの18ヵ月のベンチャーでした。

ここから、「今後のトレンドを見る目」や「ベンチャー企業買収手法」「交渉技術」「企業ポートフォーリオ」など、今でも学べることは沢山あります。

このブログ記事もMBA留学者向けの配信ですが、MBAを抽象化して考えれば、転職、就職、結婚、キャリアなど様々な分野で応用できると思っています。

このように、モノゴトを抽象化して考えれば、MBAのケースが古くても学べるし、10年後でも役だつ考え方を身に付けることができると思います。

【無料メルマガ】MBA出願や留学生活のノウハウを無料で公開
第1弾:MBA出願メルマガ(全7回)、第2弾:留学生活編(全7回) 無料登録はこちらから
【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断
あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから
【無料動画】MBA出願対策無料動画講義
MBA出願対策の無料動画で、出願のノウハウを掴みましょう。 無料視聴はこちらから
【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集
勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから
【留学準備の会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!
仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから
【無料語彙力チェック】スマホで学べる。TOEFL語彙無料クイズ全10回配信
全10回配信。TOEFLスコアアップに悩んでいる方全員が有効に活用できる語彙力アップツールです。 無料登録はこちらから
【国内・海外就職】国家資格キャリアコンサルタントが徹底サポート
IT,コンサル,広告,ベンチャーなどの転職を希望の方にはぴったり 詳細はこちらから

Article
記事を読む


すぐに役立つ新着ブログ

MBAの悩み解決

Service
サービス一覧


日本人カウンセラーによるMBA出願対策
(エッセイ添削、インタビュー対策)から
転職サポートまで。
MBA留学・取得を目指す社会人の皆さんの
人生を楽しむキャリア形成を応援します!

すぐに役立つMBAコンテンツ