仕事や勉強で劣等感を持っている天才じゃない君へ

2020-06-13

仕事や勉強で向上心は持っているものの、皆職場や学校その他知り合いなどと比較して劣等感をもってしまってはいませんか?

普段仕事をしていて、「この人は天才だ」と感心してしまうような人は、皆さんの今までの人生の中で一人や二人はいるかもしれませんね。
頭脳明晰でコミュニケーション力もあり、おまけに人格者ともなれば、自分と比べるのも悲しくなります。

「天は人に二物を与えず」なんて言葉もありますが、「それはウソだ!」と思うくらいどうしてあの人と自分はこんなに違うのか、と落ち込んでしまいます。

しかし、

しかしです、

仕事や勉強を通じて成功をしたいと思っている人!

別にあなたは天才じゃなくても全く問題ありません。

そんな天才じゃない君に知っておいてもらいたいことがあります。

(ちなみに、天才の方はこの先読む必要はないです。)

仕事や勉強で劣等感を持っている天才じゃない君へ

そんな君へ伝えたいこと。

それは、

「天才もあなたも同じリソースにアクセスできる」ということです。

例えば、天才A君がプレゼンテーションするマーケット分析。
それはそれは素晴らしい内容です。

A君は、プレゼンテーションをするにあたり、データベースや人脈を使ってマーケットの情報を集め、学んだ分析手法に基づいて分析し、それを相手に分かり易い言葉でプレゼンをします。

でも天才A君が使ったデータベースも人脈も分析手法もコミュニケーションも、すべてあなたも利用できるんです。

天才しか読むことができない書籍や新聞はありません。
天才しか会ってはいけない人はいません。

天才もあなたが使えるものと同じものを使って大きな結果を出しているんです。

こう考えるとちょっと自信が出てきませんか?

でもこう言う人もいます。

「根本的に天才と自分は頭の出来が違うではないのか。」

そう思ったらそこでその人は終了です。

頭の出来が違うと思うか、同じリソースを使っているから自分でもできると思うか、

この思考ひとつで結果は変わります。

日本人なら最大の強みを活かせ

また、仕事でも勉強でも、成功する秘訣は「自分の強みを最大限に活かす」ことです。

私は皆さんが持っている最大の強みを知っています。

皆さんは海外、とくに途上国に滞在した経験はありますか?

東南アジアや南米などに長期滞在すると気づくのは日本では考えられない「貧富の差」です。
途上国だけではなくアメリカでも実感した人も多いですよね。

インドの田舎で一日1ドルで生活している人たちもいれば、同じインドで億万長者もいます。産まれた場所や環境でその後の人生が大きく変わってしまい、なんて不公平な世の中なんだろう、と思ってしまいます。

日本は幸い貧富の差が他の国に比べて大きくないので下から這い上がることは可能です。

一日1ドルで生活している状況から億万長者を目指すわけではありません。

成功に必要なものはもう我々は既に持っている。
これが最大の強みです。

ちょっと頭を使えば、インターネットで情報を集めることも、成功のために必要なモノやサービスを入手することもでき、成功者からアドバイスを受けることもできます。


あとはそれを有効活用するだけ。
世界には生まれながらこのような環境が与えられていない人がいる。

少なくとも私はそう考えて日々行動しています。

【無料メルマガ】MBA出願や留学生活のノウハウを無料で公開

第1弾:MBA出願メルマガ(全7回)、第2弾:留学生活編(全7回) 無料登録はこちらから

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料動画】MBA出願対策無料動画講義

MBA出願対策の無料動画で、出願のノウハウを掴みましょう。 無料視聴はこちらから

【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集

勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから

【留学準備の会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!

仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから

【無料語彙力チェック】スマホで学べる。TOEFL語彙無料クイズ全10回配

全10回配信。TOEFLスコアアップに悩んでいる方全員が有効に活用できる語彙力アップツールです。 無料登録はこちらから

【国内・海外就職】国家資格キャリアコンサルタントが徹底サポート

IT,コンサル,広告,ベンチャーなどの転職を希望の方にはぴったり 詳細はこちらから
Copyright © 2020 Lounge Group Limited All Rights Reserved.