アメリカMBA出願者数が3年連続で下降

2017-11-15

組織を上手く経営する手法を教えるビジネススクールも、自らがその手法でスクール経営をしていかなければなりません。

アメリカのウォールストリートジャーナルによると、アメリカのMBAへの出願者数が3年連続で下降しているとのことです。
2017年の出願者数は対2016年比で3.2%ダウン、MBAとMasterのアメリカ国外からの出願者は2016年比で5.8%ダウンしています。

アメリカのMBAへの出願者が減少している原因は2つ。

1つ目は、約2年という期間、仕事から離れて高額な学位を取りにいくことに躊躇する人が多くなってきているということです。

Boston University Questrom School of BusinessのJ.P. Matychak氏によると「ビジネススクールも企業と同様に顧客が求めるサービスを提供できるようシフトしていく必要がある。」とのこと。アメリカ国内でも働きながらMBAを取得できるPart Time MBAやオンラインで受講することができるOnline MBAにフォーカスするスクールも増えています。

2つ目はヨーロッパやアジアのスクールの台頭です。
一昔前はMBA=「アメリカの学位」という誤解が出るほどアメリカのイメージが強かったですが、近年INSEAD、IEやCeibs、HKUST, NUSをはじめとするヨーロッパやアジアのスクールが人気になっています。ヨーロッパやアジアのスクールは多国籍な学生やカリキュラムにフォーカスする傾向にあり、MBA取得後のキャリアを見据えてこれらのスクールを選択する学生も多くなってきています。また、単純に母国から物理的距離の近い国を留学先に選ぶ学生も増えているようです。

人々のライフスタイルや世界経済の状況によってスクールも少しづつ変わっていくことが求められますね。

(参考記事:https://www.wsj.com/articles/m-b-a-applications-decline-for-third-year-in-a-row-1505727000)

【無料メルマガ】MBA出願や留学生活のノウハウを無料で公開

第1弾:MBA出願メルマガ(全7回)、第2弾:留学生活編(全7回) 無料登録はこちらから

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料動画】MBA出願対策無料動画講義

MBA出願対策の無料動画で、出願のノウハウを掴みましょう。 無料視聴はこちらから

【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集

勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから

【29歳以下限定会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!

仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから

【無料語彙力チェック】スマホで学べる。TOEFL語彙無料クイズ全10回配

全10回配信。TOEFLスコアアップに悩んでいる方全員が有効に活用できる語彙力アップツールです。 無料登録はこちらから
Copyright(c) 2018 MBA Lounge All Rights Reserved.