リカレント教育としての日本国内MBA3つのメリット

2018-11-13

日本国内MBAが密かに話題となっています。

社会人として仕事を始めた後に、自らのビジネススキルアップのためにスクールに通うなどして学び直しついては生涯に渡って学習を続ける、いわゆる「リカレント教育」がその背景にあります。2017年11月の「人生100年時代構想会議」で安倍総理が「リカレント教育」の拡充と財源の投入を宣言したことから、2018年は「リカレント教育元年」とも言われています。

リカレント教育としてビジネスパーソンが学び直すプログラムである日本国内MBAがその注目の的となっているんです。そこで今回は、リカレント教育としての日本国内MBAにフォーカスして、その3つのメリットをお話しします。

役職、年齢に関係なく対等な立場でディスカッションできる

会社という組織で仕事をしている以上、役職や年齢の壁はどうしても発生します。特に日本企業の場合はそうですよね。

会社の文化にもよりますが、自分が平社員だった場合は部長レベルの人や親の年齢ほど離れた人を相手にストレートなディスカッションをすることは決して容易ではありません。

リカレント教育としての国内MBAでは、役職が部長であろうと課長であろうと平社員であろうと、全員がMBA学生という同等な立場です。まさに「人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」です。特に働きながら学ぶことができる国内MBAパートタイムのプログラムであれば、20代から50代くらいまでの学生が一緒に勉強する機会もあります。

もしかしたら、グループを組んだメンバーの中に取引先のお偉いさんがいるかもしれません。それでもMBA学生として対等な立場でディスカッションすることができる、それもリカレント教育としての国内MBAの大きな特徴でありメリットと言えるでしょう。

学んだことをすぐに実践で応用ことができる

リカレント教育としての国内MBAでの次のメリットは、スクールで身に付けたことをすぐに実践で応用できるというところです。

海外MBAをフルタイムで受講する場合は、スクールで身に付けたスキルを実際の現場で使うことができるのは、MBAを取得して再就職した後となり、どうしてもタイムラグが生まれてしまいます。

働きながらMBAを学ぶことが出来れば、次の日にでもすぐに実際の仕事で活用することができ、もしそれが上手く行かなかったのならば、その結果を教授やクラスメートと共有することでまた新たな対策を練ることもできます。

まさに実践的なビジネスのリカレント教育であると言えますね。

日本のビジネスを学ぶことができる

日本のMBAプログラムですので、日本のビジネスを学ぶことができるのは当たり前ですよね。

でも、世界で活躍できる日本人ビジネスパーソンになるためには、日本のビジネスを完璧にマスターすることが必須なんです。世界に出たら、あなたにどんな経歴があってどんな得意分野があったとしても、まずはあなたは「日本人」として海外のビジネスパーソンから見られることになります。

自分の最大の特徴である「日本人」である強みを最大限に活かすためには、日本のビジネスについては誰にも負けてはいけません。
そのためにも、日本ビジネスのプロフェッショナルである日本国内のMBAプログラムで深く日本のビジネスについて学ぶことは必須なんです。

代表的な日本国内パートタイムMBA(50音順)

【日本語プログラム】
■グロービス経営大学院 MBA

キャンパス:東京、横浜、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン
授業時間帯:平日夜間、土曜日
費用:パートタイム約300万円(入学金、学費、その他会費込)
期間:2年
入学時期:4月
出願資格:2年以上の職務経歴
選考:書類審査、面接、小論文、論理思考力テスト
URL:https://mba.globis.ac.jp/nextmba/

■慶応義塾大学大学院経営管理研究科 EMBA
キャンパス:横浜
授業時間帯:平日午後・夜間、土曜日、日曜日
費用:約350万円(入学金、学費、その他会費込)
期間:2年
入学時期:4月
出願資格:15年以上の職務経歴
選考:書類審査、面接、小論文
URL:http://www.kbs.keio.ac.jp/graduate/emba/

■同志社大学 ビジネス研究科ビジネス専攻 
キャンパス:京都、大阪
授業時間帯:平日夜間、土曜日
費用:約300万円(入学金、学費、その他会費込)
期間:2年
入学時期:4月
出願資格:3年以上の職務経歴
選考:書類審査、面接、小論文
URL:http://bs.doshisha.ac.jp/admission/pamphlet.html

■名古屋商科大学 週末型MBA
キャンパス:東京、名古屋
授業時間帯:土曜日、日曜日
費用:約310万円(入学金、学費、その他会費込)
期間:2年
出願資格:5年以上の職務経歴
選考:書類審査、小論文
URL:http://mba.nucba.ac.jp/program/mba/

■ビジネス・ブレークスルー大学大学院 MBA本科
キャンパス:オンライン
授業時間帯:24時間、365日
費用:約310万円(入学金、学費、その他会費込)
期間:2年
入学時期:4月、10月
出願資格:2年以上の職務経歴
選考:書類審査、面接、小論文
URL:https://www.ohmae.ac.jp/curriculum/curriculum.html

■早稲田大学大学院 経営管理研究科(夜間主総合)
キャンパス:東京
授業時間帯:平日夜間、土曜日
費用:約330万円(入学金、学費、その他会費込)
期間:2年
入学時期:4月
URL:https://www.waseda.jp/fcom/wbs/about/overview/part-time-mba

【英語プログラム】
■グロービス経営大学院

キャンパス:東京、横浜、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン
授業時間帯:平日夜間、土曜日
費用:パートタイム約300万円(入学金、学費、その他会費込)
期間:2年
入学時期:10月
選考:書類審査、面接、小論文、英語試験(TOEFL、IELTS、TOEIC)、GMAT
URL:https://www.globis.ac.jp/about/

■テンプル大学ジャパン EMBA
キャンパス:東京
授業時間帯:土曜日、日曜日
費用:約320万円(入学金、学費、その他会費込)
期間:18ヵ月
入学時期:1月
出願資格:7年以上の職務経歴
選考:書類審査、面接、小論文、英語試験(TOEFL、IELTS、TOEIC)、GMAT
URL:https://www.tuj.ac.jp/mba/index.html

■名古屋商科大学 Global MBA
キャンパス:名古屋
授業時間帯:土曜日、日曜日
費用:約305万円(入学金、学費、その他会費込)
期間:1年~2年
入学時期:4月、9月
出願資格:3年以上の職務経歴
選考:書類審査、面接、小論文
URL:http://mba.nucba.ac.jp/program/mbajapan/

■BOND-BBT MBA
キャンパス:オンライン、スタディツアー(オーストラリア)
授業時間帯:24時間、365日
費用:約280万円(入学金、学費、その他会費込)
期間:2年
入学時期:1月、5月、9月
出願資格:3年以上の職務経歴
選考:書類審査、面接、小論文、英語試験(TOEFL、IELTS、TOEIC)
URL:https://www.bbt757.com/bond/programs/mba/

■マギル大学ジャパン MBA
キャンパス:東京
授業時間帯:土曜日、日曜日
費用:約605万円(入学金、学費、その他会費込)
期間:2年
入学時期:4月
出願資格:2年以上の職務経歴
選考:書類審査、面接、小論文、英語試験(TOEFL、IELTS)、GMAT
URL:https://mcgillmbajapan.com/

※最新情報は各スクールのホームページ等でご確認ください。

【無料メルマガ】MBA出願や留学生活のノウハウを無料で公開

第1弾:MBA出願メルマガ(全7回)、第2弾:留学生活編(全7回) 無料登録はこちらから

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料動画】MBA出願対策無料動画講義

MBA出願対策の無料動画で、出願のノウハウを掴みましょう。 無料視聴はこちらから

【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集

勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから

【29歳以下限定会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!

仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから

【無料語彙力チェック】スマホで学べる。TOEFL語彙無料クイズ全10回配

全10回配信。TOEFLスコアアップに悩んでいる方全員が有効に活用できる語彙力アップツールです。 無料登録はこちらから
Copyright(c) 2018 MBA Lounge All Rights Reserved.