MBAを諦めてしまいそうな人がやるべき3つのこと

2019-06-01

MBA留学を決意してから実際にMBAを取得するまではとても長い道のりです。
人にも寄りますが、準備期間で2年から3年、留学後に取得まで1年から2年の年月を要します。

留学後はクラスメートと切磋琢磨しあいモチベーションは維持できるかもしれません。しかしMBA留学準備の段階では一人でコツコツと準備を進めることになり諦めてしまう人も多いです。特に仕事をしながらTOEFL/IELTS、GMATなどの試験を受けたり、スクール調査をしたり、エッセイ対策をしたりとなるとその忙しさも想像以上です。

今回は、そんな「MBAを諦めてしまいそうな人がやるべき3つのこと」をご紹介します。

将来の自分の姿を想像してみる

今から5年後と10年後の自分の姿を想像して紙に書きだしてみましょう。
2パターンです。

パターンAは、MBAに進んだ5年後と10年後の姿。
パターンBは、MBA以外の道を進んだ5年後と10年後の姿。

(例)
パターンA【MBAに進んだ自分】
5年後:イギリスでMBAを取得し、ロンドンでメーカーのマネージャーをやっている。
10年後:世界的企業に転職し、エグゼクティブとして欧州各地を駆け回っている。

パターンB【MBA以外の道を進んだ自分】
5年後:今の会社で本社勤務をして給料も大幅にアップしている。
10年後:今の会社の子会社で役員をやり、出世街道まっしぐら中。

今が人生の分かれ目です。MBAに進むのか進まないのかで人生が大きく変わるかもしれません。もちろん、必ずしもMBAに進むのが正しい選択とは限りません。上記の作業をやってみることでMBAに進まない方がより自分の望む将来を発見できる可能性もあります。

大切なのは紙に書きだすということ。
自分の考えを書きだしてアウトプットし、それを眺めることでインプットすることでより明確になります。

もしMBAに進んだ自分の方が理想とする姿になっているとすれば、その目標実現のためモチベーションもあがるでしょう。

〇×リストを作る

【MBAに進んだ自分】と【MBA以外の道を進んだ自分】とをそれぞれの項目で〇×リストで比較してみましょう。

例えば、年収は【MBAに進んだ自分】はどのくらい上がりそうですか?大幅に上がるなら◎で2点、ある程度上がりそうなら〇で1点、変わらないなら△で0点、減るなら×でマイナス1点というように。同じように【MBA以外の道を進んだ自分】の場合はどうでしょうか?

自分の理想とする仕事ができるのは?プライベートの時間の充実度は?

(例)
■年収
【MBAに進んだ自分】: ◎ 2点
【MBA以外の道を進んだ自分】: 〇 1点

■将来の資産
【MBAに進んだ自分】: 〇 1点
【MBA以外の道を進んだ自分】: 〇 1点

■理想の仕事
【MBAに進んだ自分】: ◎ 2点
【MBA以外の道を進んだ自分】: △ 0点

■プライベート時間の充実度
【MBAに進んだ自分】: △ 0点
【MBA以外の道を進んだ自分】: ◎ 2点

■将来の資産
【MBAに進んだ自分】: 〇 1点
【MBA以外の道を進んだ自分】: △ 0点

■出世の可能性
【MBAに進んだ自分】: 〇 1点
【MBA以外の道を進んだ自分】: 〇 1点

このようなかたちで他の項目も〇×で点数を付けていきましょう。

数値化すると見えなかった部分がよく見えてくるようになることは多々あります。
「あれ?かなり悩んでいたからMBAとそうでない場合は僅差かと思ったけど、数字にするとMBAの方がダントツで高いな。」ということもあるかもしれません。

そうなればモチベーションもあがるはずです。

もちろん正確な答えなんて分かるわけはないので、今の自分の想像力を最大限まで働かせてシュミレーションをしてみるんです。これは私自身、今まで人生の岐路に立った時に実践してきた手法です。是非参考にしてみてください。

周りの人に宣言する

上記2つのワークをやったうえで、MBA取得が自分にとって一番であると結論付けたはいいが、それでも重い腰が上がらないという人は、最後の手段です。

友人知人に自分がMBA留学をすることを宣言してしまいましょう。自分で自分を追い詰めるんです。自分で逃げ場を塞いでしまい、MBA取得に向けて突き進む道のみを残しましょう。

周りの人が自分を見ていると思うと、勝手にリタイアはできません。特に社費でMBA留学をする人はこのプレッシャーはかなりのものです。会社のお金で留学できて羨ましいと思うかもしれませんが、上司や周りの同僚に知れ渡っている以上、後に引くことはできません。

そのような状況では、実力以上のものを発揮できるものです。

周りの人にMBAに挑戦することを宣言して覚悟を決める。そのくらいの気持ちがなければMBAで成功は難しいかもしれません。

まとめ

これらの3つのやるべきことは、一見ありふれた内容かもしれません。でも、自身自身をしっかりと見つめ考え直すと解決策が見出せると思います。
MBAを諦めてしまいそうな人は是非試してみて下さい。

MBAを諦めてしまいそうな人がやるべき3つのこと
1.将来の自分の姿を想像してみる
2.〇×リストを作る
3.周りの人に宣言する

【無料メルマガ】MBA出願や留学生活のノウハウを無料で公開

第1弾:MBA出願メルマガ(全7回)、第2弾:留学生活編(全7回) 無料登録はこちらから

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料動画】MBA出願対策無料動画講義

MBA出願対策の無料動画で、出願のノウハウを掴みましょう。 無料視聴はこちらから

【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集

勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから

【29歳以下限定会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!

仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから

【無料語彙力チェック】スマホで学べる。TOEFL語彙無料クイズ全10回配

全10回配信。TOEFLスコアアップに悩んでいる方全員が有効に活用できる語彙力アップツールです。 無料登録はこちらから
Copyright © 2019 Lounge Group Limited All Rights Reserved.