MBA個別相談会でアドミに気に入られる人の特徴4つ

2018-07-20

MBA個別相談会は、各ビジネススクールMBAプログラムのアドミッション(アドミ)が来日した際に東京や大阪などで定期的に行われています。

MBAを目指す多くの人はこのようなアドミとの個別相談会に申し込みをして、各スクールの情報収集をしたりMBAそのものがどんなプログラムなのかを知ろうとします。やっぱり、成功するMBA留学には正しい情報を正しい時期に入手することはとても大切なことです。

各ビジネススクールMBAプログラムのアドミも、世界中を飛び回り、世界中から優秀な学生をリクルートしようと本当に必死です。

MBA Loungeとして彼らにコンタクトを取ると出張中であることも非常に多く、個別相談会を通じて優秀な学生を獲得しようとするその熱心さには本当に感心です。そんなMBA個別相談会の機会などを通じてスクールのアドミと親密な関係を構築し、その情報を正しくクライアントさんに伝えることができるのが当社MBA Loungeの強みの一つです。

私も時々そのMBA個別相談会に加わり、面談後には出願者に関する感想などをこっそりと教えてくれます。そんなことを毎回繰り返していくうちに、MBA個別相談会で、アドミに気に入られる傾向にある出願者の特徴が分かってきました。

今回は、その特徴4つをご紹介します。

MBA個別相談会でアドミに気に入られる人の特徴4つ

■行動力がある

これは本当に単純ですが、重要なことです。行動力があることでアドミに気に入られます。

・ビジネススクールとのMBA個別相談会に参加する、
・卒業生と連絡をとる、
・MBAカウンセラーを利用する、
・キャンパスビジットをする、
行動力のあるMBA出願者は、このような活動を通じてスクールの情報を入手して、自分に最適なビジネススクールを選出しているんです。

MBA Loungeの活動拠点は東京ですが、これまで北海道、大阪、九州から週末を利用して私に会うためにわざわざ東京まで来てくれた方々がいらっしゃいます。ちなみに彼ら彼女らは全員志望するビジネススクールへ合格しています。私もそれを彼らが希望するスクールのアドミにこっそりと教えることもあります。行動力がある人はMBAアドミから感心されるんです。
スクール側もわざわざ日本まで来て優秀な学生とコンタクトを取ろうとするんです。そんな向こうの行動力にこちらも必死に答えてあげましょう。アポを取ったのに当日来ないなんて、「私を不合格にして下さい。」と言っているようなものです。

■IELTS/TOEFL/GMAT試験を既に受けている

とにかく一度決めたら行動するまでの時間が短い人は評価高いです。
アドミと面談すると必ず聞かれるのが、「Have you taken any tests?」です。つまりIELTS/TOEFLなどの英語試験やGMATを受験したことがあるか?ということです。スコアが高い、低いはここでは関係ありません。とりあえず既に受験済で早いうちにMBA留学を意志があることを示していることが大切です。

正直なところ、「3,4年後の留学を考えています。」という出願者にはスクールのアドミは興味を持ちません。来年、遅くても再来年には留学する意思がある人に興味を持ちます。そしてそれが本気なら既にそれらの試験は(スコアが高い低いは別にして)既にうけているだろう、と考えています。
もしあなたがまだTOEFLやIELTSなどの英語試験を受験していないなら、まずは一回受験してみることをおススメします。

■MBA後のビジョンがはっきりしている

「What is your plan after MBA?」
これもMBA個別相談会では聞かれる定番質問です。

出願インタビューではありませんので、面談の段階でははっきりとした意見を持っていることは求められませんが、あまりにもノープランだとマイナス評価になってしまうでしょう。やっぱり「この人は本当にMBAを取得する気があるのか?」と思われてしまいます。

合格した私のクライアントさんの中には、MBA取得後には起業することを考えている方がいて面談の際に非常に詳細な事業計画を持参した人もいました。あなたのライバルはそのくらいのこともやっているんです。

それと対照的に「私はノープランです。」という人がいたらどう思うでしょうか?

まず、MBA後のキャリアプランがあってのMBA留学です。5年後、10年後のプランはしっかりと考えていますか?これがなければ本来は留学なんてできないはずです。

■MBAに対する情熱がある

上述した3つの特徴を集約する形にもなりますが、個別相談会でビジネススクールMBAプログラムのアドに気に入られる一番の特徴は何といっても「MBAに対する情熱がある。」ということです。
情熱がある人は行動力があり、各種試験も受験済で、MBA後のビジョンがある程度はっきりしています。
出願者の実務経験、各種試験のスコア、エッセイなどで評価していると思われがちですが、案外「出願者の情熱」も審査対象に入っていたりします。(すべてのスクールはそうとは限りませんが。)

ですので、「MBA出願に対する情熱」が非常に重要ですし、その情熱があることで過酷な出願そして入学後の山のような課題に取り組んでいくことができるんです。

まとめ

ビジネススクールMBAプログラムのアドミッションとの面談をしてみませんか、とクライアントさんに提案すると、多くの方は「私の英語力だと逆にマイナス評価にならないか心配です。」と言います。

確かに英語力があるに越したことがありません。会話もままならない英語力だとマイナス評価になります。逆に英語力があるからといっても白紙のまま、面談に臨んでもマイナス評価になります。

アドミッションに気に入られるには、以下の4つの特徴をもっていることが大切なんです。
赤やじるし行動力がある
赤やじるしIELTS/TOEFL/GMAT試験を既に受けている
赤やじるしMBA後のビジョンがはっきりしている
赤やじるしMBAに対する情熱がある

【無料メルマガ】MBA出願や留学生活のノウハウを無料で公開

第1弾:MBA出願メルマガ(全7回)、第2弾:留学生活編(全7回) 無料登録はこちらから

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料動画】MBA出願対策無料動画講義

MBA出願対策の無料動画で、出願のノウハウを掴みましょう。 無料視聴はこちらから

【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集

勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから

【29歳以下限定会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!

仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから

【無料語彙力チェック】スマホで学べる。TOEFL語彙無料クイズ全10回配

全10回配信。TOEFLスコアアップに悩んでいる方全員が有効に活用できる語彙力アップツールです。 無料登録はこちらから
Copyright(c) 2018 MBA Lounge All Rights Reserved.