ブラック企業からの脱社畜!今年こそは会社辞めてMBA留学。

2016-01-08

「社畜」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。字面からしてあまり良い意味では無いような気がしますよね。

Wikipediaでは「社畜」を以下のように定義しています。


”社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。”

「社畜」や「ブラック企業」という単語は、最近テレビや雑誌などでよく耳にするようになりました。一昔前、それこそ今の40代50代の人たちが大学生ぐらいだった頃は、大学を卒業したらすぐに就職をして、定年までその会社で勤めあげるというのが一般的なルートでした。

社蓄やブラック企業に相当する概念はあったとしても、言葉という形ではありませんでした。それほど当時の会社員は、会社のために汗水たらして働いていたんですね。

4fc330ad545467b16920f231128fc110_s

近年では若い人たちは、大学卒業後は大学院に進学をしたり、ワーキングホリデーで海外に行ったりするようになりました。日本社会の年功序列制度は崩れ始め、就職した会社に定年までいるという考え方は、若い人たちを中心に薄れていきましたね。

2009年くらいから、「社畜」や「ブラック企業」というワードがYahoo!やGoogleの検索で多く検索されるようになりました。このようなワードがマスコミを中心に多く使われるようになった背景として、会社に従順に働いてきた会社員が、会社の言いなりにはならない!自分らしい生き方をしたい!という若い人たちが出てきた表れであると言えるでしょう。

自分が社蓄のような生き方をしていると感じますか?

745756b794d6eb39b81baf04ff6d6c8b_s

大学生活と社会人生活では全く違いますよね。社会人を経験したことのある人なら、大学生は大学生なりに時間がなく忙しいといっても、社会人の忙しさに比べたら、それはまったく忙しいうちに入らないと思いますよね。

社会人になると忙しいだけではなく、社会の多くの理不尽に振り回され、自分が社畜のような生き方をしていると感じる若い人たちも多いんです。

自分が社蓄のような生き方をしていると感じますか?

日本企業で働いたことがある人ならそう感じた人も多いのではないでしょうか。

そうです。社会人になると多くの理不尽に振り回されるような状況でも、自分のマインドをコントロールしていく必要があるのです。

MBA留学をしたい本当の理由は脱社蓄?

私はこれまで数多くのMBAを目指す学生たちのカウンセリングをしていますが、MBA留学を目指す動機として1番多いのは、キャリアアップです。もちろん純粋に自分のビジネス力をもっと高め、自分の価値向上のために一念発起したいと考えている人がほとんどでしょう。

その一方で、将来自分が本当にやりたい事は何だかよくわからないけれども、ただ今の状況の社畜から脱出したい、と考えMBA留学する人もいるでしょう。

特に、会社に入社して2、3年経って会社の仕事を一通り覚えてくると、如何に自分の待遇が不公平で理不尽なのかということを思い知らされる若い人は多いのです。ブラック企業の社員ならなおさらです。

特に日本企業の場合は、若いうちからマネージメントにかかわる経験はなかなかさせてもらえません。下手をすると、 20代の10年間すべてを上司のための雑用で終わってしまう可能性も十分にあるのが今の日本企業の現状です。

さらに、ブラック企業ならサービス残業続きで体も心もボロボロになってしまうかもしれません。

自己向上心の高い人であれば、そのような状況を社畜のような扱いと感じ、自分を変えるために今の状況を打破するために何か大きなことをしなければならないと思う人もいることでしょう。

今年こそは脱社畜して新しい道を進もう!、、、でも慎重に。

a3d9488c7f1eb714e496edae89648fd3_s

その選択肢の1つがMBA留学であるかもしれません。
MBA留学でなくても、コツコツ貯めたお金を資金にして起業するという人もいるでしょう。それも素晴らしい生き方であると思います。20代はなんとか耐えぬき頑張り、 30代40代で大きな出世を狙う人もいるでしょう。

自分が社畜と感じる今の状況から抜け出すために、今年こそは!と自分であれこれと解決策を模索することは非常に前向きな姿勢であり素晴らしいと私は思います。

ただし、そこで気をつけないといけないのは、何の計画もなく今の社畜状況から抜け出そうとすることです。

例えば、自分は何をしたいかわからないけれども、とりあえず会社を辞めたいからMBA留学をする、という考え方は非常に危険です。

MBA留学は、決して安くない学費を払い1年から2年という時間もかけてやっと取得ができるものです。何の目的もなくMBA留学をしようものなら、現地で授業についていけずドロップアウト、お金も時間もすべて無駄にするということにもなりかねません。

MBA留学ではなく起業したいと言う場合も同じですよね。何の計画もなく今まで貯めた貴重な開業資金を、無駄にしてしまうというケースも決して少なくありません。

MBA留学するにしても、起業するにしても、しっかりとした将来の設計図ができていなければとりあえず今の社畜状況から抜け出したとしても、また次の社畜状況にはまってしまいます。

ですので、今年こそ今の社蓄状況から抜け出し自分らしい生き方をしたい、と考える人は、それ自体は非常に前向きで、素晴らしいことですが、しっかりとその先の自分の理想像というものをしっかりと捉え、後悔のない進路を歩んでいくことがとても大切です。

慎重に、でも大胆に、今年こそは脱社畜を実現して自分の満足する道を進みましょう。

【無料メルマガ】MBA出願や留学生活のノウハウを無料で公開

第1弾:MBA出願メルマガ(全7回)、第2弾:留学生活編(全7回) 無料登録はこちらから

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料動画】MBA出願対策無料動画講義

MBA出願対策の無料動画で、出願のノウハウを掴みましょう。 無料視聴はこちらから

【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集

勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから

【29歳以下限定会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!

仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから

【無料語彙力チェック】スマホで学べる。TOEFL語彙無料クイズ全10回配

全10回配信。TOEFLスコアアップに悩んでいる方全員が有効に活用できる語彙力アップツールです。 無料登録はこちらから
Copyright(c) 2018 MBA Lounge All Rights Reserved.