【ヒーローインタビュー】荒木佑輔さん(31歳)シンガポール経営大学(SMU)

ゆび矢印名前  :荒木佑輔さん
ゆび矢印年齢  :31歳
ゆび矢印勤務先 :大手精密機器メーカー
ゆび矢印出身地 :大阪府
ゆび矢印進学校 :シンガポール経営大学(SMU) (私費)

(MBA Lounge 川尻、以下川尻)MBA留学前はどんなお仕事をしていましたか?

(荒木佑輔さん、以下荒木さん)大手精密機器メーカーにてソリューション営業として大手企業の課題解決を担っておりました。主に複合機、ITシステム、コンサルティングプログラムの提供を行っておりました。

(川尻)なぜMBAを取得しようと思ったのですか?

(荒木さん)営業として勤務していたものの、今後の自分の将来を考えた時にどうしてもキャリアチェンジがしたくなったからです。とはいえキャリアチェンジする際に考えられるあらゆる不利な条件でただ転職するより、最も可能性が広がる転職を実現したいと思いました。そこで、MBAで学べる知識に加え、インターンシップによって希望する領域の職務経験を獲得すれば次に良い形で繋がるのではと考えました。

また、将来的に海外で働いてみたいと思っていたため、その前準備として多国籍の環境で共に成果を出しにいく体験をしたかったという意味合いもあります。更に大学時代に叶わなかった留学を単純にやってみたいと思いMBA留学を志しました。

(川尻)なぜシンガポールを選んだのですか?

(荒木さん)大きく分けて以下3点の理由があります。
理由①:東南アジアのマーケット知識を得ることができる
現在、日本だけでなく世界各国の企業が東南アジアを統括するヘッドオフィスをシンガポールに構えています。将来的に日本に帰るときに東南アジアのナレッジが更に有効になると考え、東南アジア全体のマーケットに関わりやすいこの地を選びました。

理由②:コスト面で優れている
シンガポールのMBAは欧米のMBAに比べて学費が安いです。主に期間によるものではありますが、同じ期間でも他国のMBAより比較的コストがかかりません。また、生活面においてもシンガポールは世界一生活費が高いと言われていますが、家賃さえ押さえれば特に問題なく暮らせます。

理由③:日本人の卒業生が少ないため差別化しやすい
アジアのMBAは徐々に志望する方が増えてきたとはいえ、依然日本人の卒業生が少ないのが現状です。あまり人がチャレンジしていない所に飛び込めば、それ自体が差別化になるのではないかと思いました。更にはまだまだ成長が見込める地域の中心地で過ごしてみたい気持ちもありました。

(川尻)なぜSMUを選んだのですか?

(荒木さん)一番はSMUの今後の伸び代に魅力を感じたからです。実際にSMUの関係者とコミュニケーションを取ることで、ランキングには現れてこない学校側の本気さ、ベンチャー企業みたいな勢いを感じました。

次に日本人の少なさです。日本人がいるとどうしても日本人同士で固まる傾向にあり、自分としても逃げ場ができてしまいます。キャリアビジョンである海外で働く力をつけるには、無理矢理にでも多国籍の同級生と交流し、自分のコンフォートゾーンを抜け出す必要があると思いました。

さらに、1年間短期集中のコースでキャリアのブランクを最小化できるところもSMUを選んだ理由の一つです。それにインターンが前提になっている授業設計なので、MBA取得の主目的であるキャリアチェンジにあたって経験を積みやすいということも魅力でした。

(川尻)スクール選びで悩んだことは?

(荒木さん)若いスクールに進むことに対する漠然とした不安がありました。僕はNUSからもオファーをもらったのですが、アジアトップで歴史のある学校なので、”間違いのない選択肢”だと思いました。MBA留学そのものにリスクがある中で、さらにリスクを増やすのはどうなのかという不安はありました。しかし、キャンパスビジットで感じたSMUのポテンシャルが忘れられなかったですし、個人的にはやはりSMUを選んで良かったと思っています。

(川尻)受験準備には通算でどのくらいの期間を要しましたか?

(荒木さん)約3年を要しました。留学経験が今まで一度もなかったので、英語の地力を上げるのにかなりの時間を要しました。

(川尻)受験準備で一番苦労したことは?

(荒木さん)GMATのスコアを上げることです。なかなか結果が出ずに何度も心が折れそうになりました。

(川尻)受験準備で失敗したなあ、と思ったことは?

(荒木さん)出願時期を全て一致させるべきでした。というのも、合格したら約一週間で結論を出さないといけない場合が多く、本命校を後に受験する場合、第二第三志望校へ無駄にデポジットを払わなければならない可能性が出てきます。

(川尻)MBAが始まって8ヶ月経ちますが想像していたものと比べてどう違いますか?

(荒木さん)想像を遥かに超えて忙しかったです。特にコアのTermの時は予習、復習、課題に追われて文字通り朝から晩まで毎日勉強してやっとの思いで授業についていっていました。

(川尻)MBA生活で一番苦労していることは?

(荒木さん)英語のディスカッションは今でもかなり苦労しています。自分の意見を思うように伝えることができなかったり、相手が何を言っているのかわからないこともあったりで議論に付加価値を加えていくという部分に関してまだまだ道半ばだと感じています。

(川尻)MBA取得後のプランは?

(荒木さん)せっかく東南アジアにきたので、引き続き東南アジアのマーケットに関わり続けたいです。更に事業開発などのビジネスを立ち上げたり、ブラッシュアップできることに貢献できるポジションにキャリアチェンジできれば理想的です。


(川尻)これからMBAを目指す方にアドバイスをお願いします。

(荒木さん)ありきたりですが、諦めなければ本当に何とかなります。特にシンガポールの大学であれば、純ドメでも努力すれば手が届きます。いかにコツコツと勉強を続けられるかが最大のカギだと思います。

(川尻)荒木さん、ありがとうございました。

Copyright(c) 2018 MBA Lounge All Rights Reserved.