Scholarship (奨学金)を勝ち取るためのエッセイ6つのコツ

2015-05-15

Scholarship (奨学金)は、私費留学生にとって、とても重要な要素の一つですね。Scholarship (奨学金)
が取れるかどうかで、MBA留学自体をするか、または諦めるのか、も決まってくる人も多くいます。
特にMBAの場合、その学費は大学・大学院留学に比べて高額であることがほとんどです。トップスクールにもなると、学費だけで1,000万円を超えることもあります。

そのため、多くの学生がScholarship (奨学金)を目指し、その競争率もとても高いものになります。Scholarship (奨学金)に出願するチャンスがあれば、是非そのチャンスをものにして少しでも負担を減らしたいところですね。

d1425906122aff1e90b9fa29ba8fc74c_s

Scholarship (奨学金)を申請するにあたって、審査基準となる提出書類として、Scholarship (奨学金)用のエッセイを求められることが多くあります。今回は、そのScholarship (奨学金)用エッセイに焦点を当て、Scholarship (奨学金)を勝ち取るためのエッセイのコツについてお話しします。

Scholarship (奨学金)を勝ち取るためのエッセイ書き方6つのコツ

ゆび矢印1.5Wを意識する。
ビジネススクール出願時に提出するApplication(出願)用エッセイとScholarship (奨学金)用エッセイの違いは何だと思いますか。
Application(出願)用エッセイは、スクール側が学生のやる気、専門性、そしてクラスへの貢献度を見るためのエッセイである場合が多いです。一方で、Scholarship (奨学金)用エッセイの場合は、Scholarship (奨学金)を提供する団体によってその目的は多く変わってきます。そして、それによって対策も変わってきます。

そこで重要になってくるのが5Wです。
つまり、
点矢印画像なぜそのScholarship (奨学金)が存在するのか(WHY)
点矢印画像誰が出願可能なのか(WHO)
点矢印画像何歳までの出願者が対象なのか(WHEN)
点矢印画像どこの地域の学生が出願可能なのか(WHERE)
点矢印画像何をした人が出願可能なのか(WHAT)

この5Wについてよく考えてみることが大切です。

例えば、あるScholarship (奨学金)は、アジアの学生だけを対象にしている場合があります。その目的は、アジアで活躍するための人材を育てるのが目的かもしれません。その場合あなたがアジア人であり、アジアビジネスにどのような貢献をしていくことができるのか、エッセイの中でアピールする必要があります。

ゆび矢印2.Scholarship (奨学金)は学生へのご褒美ではなく投資である事を理解する。

34a17fc4cc59e627d0afb7c510a33e5b_s

Scholarship (奨学金)は、成績が優秀であればあるほど有利というわけではありません。Scholarship (奨学金)を提供する団体は、成績優秀者にご褒美として与えている訳では無いのです。貴重なお金を、彼らに投資しているのです。

ですので、Scholarship (奨学金)用エッセイの中には、「なぜあなたは私に投資するべきなのか。」に答えるためのエッセイを書く必要があるのです。

ゆび矢印3.エッセイでは何を聞かれているのか、をしっかりと考える。

cc135a71e5c4c1beae5272a432a17562_s

エッセイの質問をしっかりと読んで、内容をしっかりと理解することが大切です。多くの学生は(MBAの論文を書く場合も含めて)、質問に答えていないということが多く起こっています。自分では質問にしっかり答えているつもりでも、どこかで論点がズレて、曖昧な表現になっていることがよくあるのです。そのようなことがないように、問題をしっかりと読んで理解し、直接的にその質問に答えることが大切です。

それでは、なぜ多くの学生がエッセイの質問に答えていないのでしょうか。多くの場合、質問を理解したつもりでも間違って理解しまうというケースです。これは、英単語の微妙なニュアンスをしっかりと理解していなかった場合に起こります。自分が質問の意味を間違って理解していないかどうか、ネイティブスピーカーなどに確認するのもひとつの手です。それほど、エッセイの質問には細心の注意をはらい、質問に忠実に答えながら書いていく必要があります。

ゆび矢印4.自分が書きたいとこと/書けることだけを書いていないか確認する。
先述の通り、Scholarship (奨学金)エッセイは質問に答えることがそのすべてと言って過言ではありません。それを無視しないまでも、自分が「書きたいこと」や「書けること」だけを書いてしまうケースがあります。そうすると質問に答えていないと見なされ、高い評価を得る事は難しいでしょう。

ゆび矢印5.文字数が多すぎる、または少なすぎないか確認する。

4c3d17c4d50cb79b2eb5ca29ae47b556_s

多くのエッセイでは文字数が指定されています。そして多くの場合は500文字や600文字など短いケースがほとんどです。普通に書いていては、とてもそれだけの量じゃ収まり切れないということが多く起こります。その中で、いかに余分な言葉を省き、重要な言葉だけを残すのかがカギになってきます。

エッセイの文字数は、指定文字数プラスマイナス10%以内に収めるのが一般的です。それを超えてしまうと大幅に減点される恐れがあります。

ゆび矢印6.書き終わったら人に読んでもらおう。

42e7d4fd8cfec65922cbfa76d4e1ebba_s

人に見てもらうのは恥ずかしい気持ちになるかもしれませんが、これはとても大切なことです。自分一人では気づかなかった曖昧な表現や意味不明の表現などを発見する大事な機会です。
もちろんMBA留学や大学院留学した人に読んでもらうのにこしたことはありませんが、周りにそのような人がいない場合であっても、友達などにアドバイスを求めてみましょう。

まとめ

Scholarship (奨学金)は、私費留学生にとって、とても重要な要素の一つです。以下の6つの要素を考えながらエッセイを仕上げていきましょう。

赤やじるし1.5Wを意識する。
赤やじるし2.Scholarship (奨学金)はご褒美ではなく投資である事を理解する。
赤やじるし3.エッセイでは何を聞かれているのか、をしっかりと考える。
赤やじるし4.自分が書きたいとこと/書けることだけを書いていないか確認する。
赤やじるし5.文字数が多すぎる、または少なすぎないか確認する。
赤やじるし6.書き終わったら人に読んでもらおう。

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】留学決意から出願まで~MBA出願体験記

MBA Lounge代表の留学決意から出願までの軌跡の体験記を無料でダウンロード頂けます。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】MBAの臨場感を体験!無料MBA留学奮闘記

MBA Lounge代表による留学奮闘記を無料でダウンロード頂けます。 お申込みはこちらから
Copyright(c) 2017 MBA Lounge All Rights Reserved.