なぞなぞ:会社にいて大学にいない動物は?

2017-11-06

MBAでは、ケーススタディなどを通じてクラスメートとディスカッションを重ね、ビジネス力をつけていくことができます。

クラスメートは国籍、業種、育った環境などが異なるため、意見が合わなかったり、考え方、仕事の進め方が違い、それはそれは胃が痛くなるくらい苦労します。

でも、

でも、です。

MBAを取得したあとに実社会に出た人からすれば、MBAのディスカッションはまだまだ甘い、という意見もあります。

それは大学にはいないけど、会社にはいるある動物の存在です。

そこで、なぞなぞ。
会社にいて大学にいない動物はなあに??

それはビジネススクールにはいないけど、会社にはいる動物。

それは、Hippo(カバ)です。

Hippoは英語で「カバ」という意味ですが、
もう一つ別の意味があります。

“Highest Paid Person’s Opinion”。
つまり一番エライ人。

MBAのディスカッションは様々な考えを持ったクラスメートとのやり取りなので、それはそれで苦労しますが、基本的に「MBA学生」であり全員同じ立場です。上も下もありません。

しかしながら、実社会に出ると、そうはいきません。
会社は組織でありそこには多かれ少なかれ上下関係が存在します。

会社によっては、Hippoの存在が大きくディスカッションの余地がない場合もあります。

まあ、ビジネススクールにも偉そうなHippoがいるかもしれませんが、基本的には立場は一緒ですよね。

MBAでコミュニケーション力、ビジネス力をつけたとしても、実社会のHippoとうまくやっていく力が必要なんです。

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】留学決意から出願まで~MBA出願体験記

MBA Lounge代表の留学決意から出願までの軌跡の体験記を無料でダウンロード頂けます。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】MBAの臨場感を体験!無料MBA留学奮闘記

MBA Lounge代表による留学奮闘記を無料でダウンロード頂けます。 お申込みはこちらから
Copyright(c) 2018 MBA Lounge All Rights Reserved.