大学院留学はMBAかMasterか?後悔しないための大事な5つの質問。

大学院留学を検討する際に、ビジネスの分野であれば、MBAか、またはMaster of Businessかの選択肢があります。そもそも大学院留学で、MBAとMaster of Business とでは、どのように違うのでしょうか。その違いをしっかりと理解した上で、もしあなたがビジネスの分野で大学院留学をしたいと考えるのあれば、どちらが適切なのかをしっかりと検証する必要があります。

57-083QUT

大学院留学:MBAとMaster of Businessの違い

MBAは、企業経営学を学び、将来、会社幹部や起業家としてビジネスの分野で活躍したい人向けの学位です。ビジネスに関するあらゆる分野を一年ないし二年で身に付け、経営者としての基礎的スキルを養成する短期合宿のようなところです。

一方でMaster of businessは、大学で学士号を取得して、更にビジネスに関して特定の分野を学びたいと言う人が多く受講しています。ひとくくりにMaster of Businessと言いますが、大学によってはMaster of Marketing、Master of Accounting、Master of Human Resource Managementなどというコース名で、ビジネスの各分野に特化した分野を約二年かけて学ぶことが多いのが特徴です。

大学院留学で、MBAを取得したいと考えているあなたは、本当にそれがあなたにとって一番適切なのでしょうか?場合によってはMaster of Businessの方が適切と言う事はありませんか?

ここで今一度、あなたに適切な大学院留学は何なのか、成功するための5つのチェックポイントを考えてみましょう。

1. 将来のキャリアプランを考えてみる。

a3bc954c795e190df7cc7782d32266f0_sビジネスマンとして成功したいと考えるのであれば、大学院留学をする前に、まず自分のキャリアプランをしっかりと組み立ててみることが大切となります。

大学院留学で得たあなたの経験や知識は、あなた自身の商品価値を表すものとなります。大学院留学後にビジネスマンとして活躍していくためには、商品である自分自身に自信を持っていることが必要になります。そういった意味で、大学院留学で専攻するものは、自分が自信を持って取り組むことができるものであるとか大切です。

もしあなたが、起業家や会社の幹部となって組織を動かすような経営幹部経営者としてのキャリアを進みたいのであれば、MBAはあなたに適しているかもしれません。なぜなら、 MBAは特定のビジネス分野を学ぶとではなく、マーケティングやファイナンス、組織行動論など、あらゆる分野を学び、経営者としての知識を身につけるからです。

一方で、たとえば、あなたが公認会計士としての道を歩みたいのであれば、Master of Business、Master of Accountingを選択する方が賢明かもしれません。
MBAではアカウンティングも確かに学びますが、Master of Accountingほど深く掘り下げて学ぶわけではありません(注意:もちろんビジネススクールによっては、Master of Accountingと同じ位やるところもあります。)

基本的にMBAのアカウンティングの講義では、財務諸表を見て、どのような経営判断を下すのかを訓練します。財務諸表からあらゆるヒントを得て、マーケティング戦略はどうするか、人事戦略はどうするか、など会社経営に関するあらゆる戦略を立案する能力を身につけるのです。

Master of Accountingで学ぶことは、簿記であったり財務諸表の作り方や見方であったり、そして最後に会計士としてどのようなアドバイスができるのか、など、アカウンティングの専門家になる訓練をするところです。

会社経営をするジェネラリスト目指すならMBA、マーケティング職人、アカウンティング職人など一つの分野に掘り下げて学びたいのであればMaster of Businessと言うことがいえます。

2.チームを作りたいのか?プレイヤーになりたいのか?

MBAを取得して経営者になった場合は、チームを作ることが主な役目です。経済学のプロフェッショナル、マーケティングのプロフェッショナル、アカウンティングのプロフェッショナル、商品開発のプロフェッショナル、などの能力を持った人間を集め、彼らと協力しあい、会社全体のフォーマンスを上げるための経営、管理をするのが経営者の役割です。

8f248480d652b20b1d92f244744b95fb_s

一方で、Master of Businessで特定の分野について学んだ人は、チームのプレイヤーとしてその専門能力を発揮するのが役割です。経営者は、マーケティングリサーチの基礎的なやり方については理解しているかもしれませんが、具体的な実施方法についてまでは知らないかもしれません。もしあなたがMaster of Marketingを取得したマーケティングのプロフェッショナルであれば、マーケティングリサーチの企画、実施、データ分析、までを担当し、経営者とともにマーケティング戦略を立案していくことが主な役割となるでしょう。

各分野のプロフェッショナル集めてチームをまとめていくならMBA、自分がチームの一員となり、特定分野のプロフェッショナルとしての実力を発揮していくならMaster of Businessといえます。

3.転職したいと考えている業界はどのような人材を求めているか?

大学院留学を検討している社会人や学生のみなさんの一番の心配事は、留学後の転職では無いでしょうか。あなたが転職したいと考えている業界は、どのような人材を認めて求めているのか、今のうちからリサーチしておくことも有効です。

MBAは、会社経営をするためにあらゆるビジネスの分野を学ぶ、ある意味マルチな学位といえますが、一方でMaster of Businessは、多くの場合、MBAよりも一つの分野を深く掘り下げるという話をしましたね。

転職したい業界をリサーチして、明らかにどちらか一方の人材を求めている傾向にあれば、そちらを学ぶということがひとつの選択肢として考えられます。

aaa25dd362a968aead083b327fbed22b_s

4.投資できる時間と費用はどのくらいか?

MBAとMaster of Businessの大きな違いはその投資する時間と費用です。

MBAは、入学条件として、最低でも二年から三年の社会人経験が必要です。一方でMaster of Businessは、大学卒業の資格さえ持っていれば、社会人経験で不要で入学できるのが通常です。

また、費用面で言うと、 MBAはMaster of Businessに比べて高いのが通常です。

大学によって違いはありますが、MBAはGMATや推薦文の提出、エッセイやインタビューなどMaster of Businessに比べて提出しなければならない書類は多く、準備にもそれなりの時間がかかります。

将来のMBA留学を見据えて、社会人経験を積み、仕事をしながらMBA留学を準備するだけの時間と費用があるのか、もしくは今すぐにでも大学院留学でビジネスの勉強をしたいと思うのかどうか、それによってもMBAかMaster of Businessかの選択は変わってきます。

5.どちらであっても大学院留学で必要で大切なことは?

MBAにせよMaster of Businessにせよ、大学院留学で必要で大切なことは、「自分の強みを知る。」ということです。

cc135a71e5c4c1beae5272a432a17562_sたとえば、大学院留学となるとプレゼンテーションをする機会が普通の大学留学よりも多くなります。外国語でプレゼンテーションなんて緊張しますよね。

最初は私も死ぬほど緊張して、プレゼンテーションの日が来るのが怖いと思うほどでした。いっそのことお酒を飲んで酔っ払った状態でプレゼンテーションに出ようかとも考えました。(さすがにそれは人として間違っている気がしたのでやりませんでしたが。。)

では、こんなときはどのようにすればよいのでしょうか。そんなときは、徹底的に自分を見つめ、自分の強み、他のクラスメートよりも勝っていると思う事を徹底的に見つけることです。

私もあれこれ自分が他の人よりも優れている点は何だろう、と一生懸命考えました。その結果行き着いた答えは、「話す時の笑顔」と言うものです。私は、どちらかと言うと、小声でゆっくり話すタイプの人間です。それでも、人からよく「その笑顔がいいね。」言われます。(自分でこんなことを言ってちょっと恥ずかしいですが。。)

いかに良いプレゼンをするかを考えた場合、「笑顔で、ゆっくりと、正確に話す。」これが自分がプレゼンする上での強みとなる部分では無いかと考えたのです。プレゼンは、話す中身だけではなく、話すトーンや笑顔など、聴覚や視覚からのアピールも非常に重要な要素です。そこで私は、「笑顔でゆっくり正確に話す。」と言うところに重きを置き、より質の高いプレゼンができるように心がけました。

あなたの強みは何でしょうか?

大学院留学では、自分の強みにフォーカスしてプレゼンテーションなりグループワークで人とうまくコミニュケーションをとるようにしましょう。

まとめ

大学院留学でビジネス関係を学びたいのであれば、 MBAとMaster of Businessの選択肢があるといえます。どちらが自分に適した留学方法なのかをしっかりと考えて大学院留学準備の計画を進めていきましょう。
赤やじるし1.将来のキャリアプランを考えてみる。
赤やじるし2.チームを作りたいのか、プレイヤーになりたいのか。
赤やじるし3.転職したい業界はどのような人材を求められているのか
赤やじるし4.投資できる時間と費用を考えてみる。
赤やじるし5.大学院留学では自分の強みを知ることが大切。

【無料MBA診断】10年後のあなた診断。

MBA取得後のあなたはどうなっているでしょうか?10年後のあなたをのぞいてみましょう。
診断開始はこちらから

【無料TOEFL語彙クイズ】無料オンラインクイズ 全10回配信

登録時間10秒、全10回100語彙クイズを無料配信します。
無料TOEFL語彙クイズはこちらから

【無料レポート】留学決意から出願まで~MBA出願体験記

MBA Lounge代表による留学決意から出願までの軌跡の体験記を無料でダウンロード頂けます。
無料レポートはこちらから

【無料レポート】MBAの臨場感を体験!無料MBA留学奮闘記

MBA Lounge代表による留学奮闘記を無料でダウンロード頂けます。
無料レポートはこちらから

大学院留学に関する ブログ

Copyright(c) 2017 MBA Lounge All Rights Reserved.