MBA取得の3つのメリット。その他大勢から抜け出したい人必見!

点矢印画像MBAを取得するとどんなメリットがあるの?
点矢印画像MBAを取得したあと、就職先や転職先はあるの?
点矢印画像会社を辞めてMBA取得を目指すなんて、メリットよりもリスクの方が高いんじゃ?
点矢印画像そんなハードルが高そうな学位を本当に取得できるのか不安だ。

MBAを取得しようという意気込みと同時に、多くの不安や心配が出てきますよね。
不安や心配と取得によるメリットを天秤にかけてメリットの方が多い、と考えた人だけが、MBAを取得するためにビジネススクールに通い、その大きなメリットを獲得することができるのです。

MBAは誰にでも取得できます。取得ノウハウとやる気さえあれば。
実際に私は、2009年にオーストラリアのクイーンズランド工科大学のQUT Business SchoolでMBAを取得し、その大きなメリットを受け、今では海外事業に関する多くの案件に、日々精力的に活動しています。

以下が主なMBA取得のメリットです。これらのメリットとあなたの不安材料を天秤にかけて、どちらが勝るのか、一度考えてみては如何でしょうか。

MBA取得のメリット①:現状からのブレークスルー

ゆび矢印MBA取得で、ビジネスの各分野に精通したジェネラリストになれる
ジェネラリストMBAを提供するビジネススクールで学ぶ内容はとても幅広いです。マーケティング、アカウンティング、ファイナンス、経済学、ビジネスプラン、経営戦略、人事戦略などビジネスのすべての分野を幅広く学び、すべてのクラスをパスすることで、ようやくMBAの学位を手にすることができるのです。各分野を深く学ぶというよりは、企業の上級マネージャーや起業家として各分野の必要な知識を漏れなくカバーし、企業を運営する能力を身に付けるというイメージです。

MBAの期間は、アメリカのビジネススクールで約2年、ヨーロッパやオーストラリアでは1年から1.5年ほどです。企業の上級マネージャーや起業家がコツコツと数十年にわたる成功や失敗から得る知識を、このような短期間で習得できるのがMBAの大きな特徴であり、メリットです。

それ故に、MBAとは、ビジネスエリートへのパスポートであり、ビジネスでの最高峰の学位と言えます。

あなたが今の会社でずっと働き続けた場合、各分野に精通したジェネラリストになるのはいつでしょうか。上司のために毎日コツコツ働いて出世を目指し、責任のある仕事を与えてもらうのを待つのでしょうか。頑張ったからと言って、会社はあなたの出世と収入アップを約束してくれるのでしょうか。
私はいち早く経営ノウハウを習得し、海外で活躍するジェネラリストになりたかったので、会社を辞めて私費留学でMBAを取得する道を選びました。ある日突然、世界のどこかの都市に一文無しで放り出されても、そこで自分のビジネスを作って生き延びているジェネラリストになる能力を習得したかったのです。
会社に頼った生き方をしている現状が、私はとても嫌だったのです。

ゆび矢印ビジネスエリートへのパスポート
ビジネスエリートのパスポート「MBAを持っていること自体何の意味のない。取得してからが勝負だ。」とよく言われます。確かにその通りかもしれません。MBAはビジネスの学位であり、医師免許や会計士などの資格と違い、MBAを持っていなければしてはいけない仕事というものはありません。
それでもなぜ多くのビジネスマンは、決して少なくない投資をしてMBA取得を目指すのでしょうか?
それは、MBAを取得することで、世界中のビジネスエリートと共通言語で話をすることができるようになるからです。ビジネスエリートの世界では、MBAホルダーにしか理解できないビジネスの専門用語というものが存在します。あなたが出世すればするほど、このような知識は必要不可欠になってきます。
世界では毎年多くのMBAホルダーが誕生して、ビジネスエリートの仲間入りを果たしています。あなたもMBAを取得することで、彼らと同レベルのビジネストークが可能になり、エリートの仲間入りすることができるようになります。

MBA取得のメリット②:世界中に人脈ネットワークを形成することができる。

MBAを取得するためにビジネススクールに通う人たちは、とても高いモチベーションを持っています。MBAを取得したら人生を大きく変えるんだ、という気持ちでハードな授業や課題を寝る間も惜しんで取り組んでいる人たちです。
特に海外のビジネスクールであれば世界各国からそのような高いモチベーションをもった多くの国のクラスメートと知り合うことができます。
彼らの輪の中に入り、一緒に1年ないし2年間勉強していくことで、MBA取得後には、世界中に人脈ネットワークを形成することができるようになります。

私のかつてのクラスメートは、MBA取得後、MBAで得た知識を活かして、コンサルティング業、金融業、貿易業、飲食業などのビジネスを展開しています。その国も、北米、南米、欧州、アジア、オセアニアなどの様々です。そして、私がビジネスで海外各国を調査する場合、すぐに彼らとコンタクトを取ることができます。逆に、日本でのビジネス展開を考えるクラスメートから連絡をもらい、今まで何度か相談に乗っています。
あなたも経験があるかもしれませんが、学校を通じて知り合った人と、仕事を通じて知り合った人は親密度が全然違いますよね。学校では利害関係が無い状態で知り合っていますので、お互いに屈託の無い意見を言い合い、お互いのビジネス発展のために常に協力し合える関係を形成することができるのです。

国際人国際人3国際人2

MBA取得のメリット③:英語力の飛躍的向上

ゆび矢印MBAを取得するなら留学しよう国旗
私は個人的に日本国内のビジネススクールよりも海外のビジネスクールでMBAを取得することを推奨しています。
やはり留学することで英語力は飛躍的に向上しますし、今の時代、キャリアを形成するには、各国のビジネスマンと英語でコミュニケーションが取れることが大前提だからです。そして、その能力は、MBA留学をしてからこそ身に付けることができると考えています。

ゆび矢印英語は世界の共通語
もう聞き慣れている決まり文句ですよね。でもこれは海外留学するとさらに実感します。英語は話せて当たり前です。そして海外では、日本人が思っている以上に日本人は英語ができない、と認識されていますことも改めて実感します。
あなたが国際的にビジネスを展開すれば、多くの英文ビジネス雑誌や英字新聞を読み、世界の最新情報を英語でインプットして、多くの外国人ビジネスマンと英語でアウトプットする必要に迫られることになります。MBA留学ではこういった能力も習得することができます。

MBA取得による3つのメリット

ここでおさらいしてしましょう。
「現状からのブレークスルー」
「人脈形成」
「英語力」

そして、MBA取得を目指すことによるあなたが考えるリスクは何ですか。私のように私費留学の場合は、主に以下がリスクになるでしょう。

「キャリアの中断」
「学費と時間への投資」
「取得後の就職先の保証がない」

メリットとリスク

これらを天秤にかけてみてください。私もMBA留学をする前、この3つのメリットとリスクを前に悩みに悩みぬきました。
その結果、私の場合、想定したメリットはすべて受けることができ、リスクはただ一過性の不安に過ぎませんでした。キャリアの中断も、学費と時間への投資も費用対効果で考えるとメリットの方が大きかったです。MBA取得後、台湾で台湾企業に就職し、海外進出の事業計画書作成業務に携わることができました。そして今ではその経験を活かし海外進出コンサルタントして活躍の場を広げています。

出動するビジネスマン以上の内容から、MBA取得によるメリットをお分かり頂けたかと思いますが、注意点があります。MBAを提供するビジネススクールなら、どこでもこれらのメリットがあるという訳ではありません。MBAの準備には以下の3点が重要なポイントになってきます。

1.ビジネススクール選び
2.合格のためのエッセイ、推薦状などの出願対策
3.留学に備えた試験、論文などの課題対策

MBAを取得することを決めたら、慎重に準備を始めましょう!

◆失敗しないMBA留学までの手順
失敗しない留学手順

【無料MBA診断】10年後のあなた診断。

MBA取得後のあなたはどうなっているでしょうか?10年後のあなたをのぞいてみましょう。
診断開始はこちらから

【無料TOEFL語彙クイズ】無料オンラインクイズ 全10回配信

登録時間10秒、全10回100語彙クイズを無料配信します。
無料TOEFL語彙クイズはこちらから

【無料レポート】留学決意から出願まで~MBA出願体験記

MBA Lounge代表による留学決意から出願までの軌跡の体験記を無料でダウンロード頂けます。
無料レポートはこちらから

【無料レポート】MBAの臨場感を体験!無料MBA留学奮闘記

MBA Lounge代表による留学奮闘記を無料でダウンロード頂けます。
無料レポートはこちらから

MBAのメリット ブログ

Copyright(c) 2017 MBA Lounge All Rights Reserved.