MBA取得後に海外就職するためのたった3つのヒント。

2016-07-12

「海外就職を目指しています。」というクライアントさんは多いです。
せっかく海外でMBAを取得する、という目標があるのですから、国際的に活躍するためには人生で一度は海外勤務という経験をしてみたいですね。
それに挑戦する気持ちを持つことはとても大切だと思います。

というものの、海外就職を目指している多くの方は何となく気づいているとは思いますが、
いわゆる「普通」の人は海外就職できません。
なぜなら「普通」の人なら現地で雇用すればいいからです。

企業側からしみてみれば、外国人を雇うとなるとピザの問題もありややこしいのでなるべく雇うのに手間のかからない現地の人間を優先しようとします。

ですので、海外就職を目指すのであれば、現地の人よりも明らかに突出したスキルを持っている必要があります。
「僅差」では駄目です。突出していなければいけません。

とはいうものの、「人よりも突出したスキルなんて持っているわけが無い。」なんて思っている人も多いでしょう。

今回はMBA取得後に海外就職をしたい!と考えている方々に読んでもらいたいたった3つのヒントをご紹介します。

MBA取得後に海外就職するためのたった3つのヒント

ゆび矢印自分の強みを明確に。

cbe4c5445972626e7fa24704ab51d5a5_s

自分にはすぐに思い浮かぶ突出したスキルが無い、と思っても心配しないで下さい。
要は自分の見せ方です。自分の強みを明確にして、それをうまくアウトプットすることです。

理系の人なら専門分野での実績プラスMBA学位でいけるかもしれませんが、普通の、そして文系の日本人が突出したスキルで採用までたどり着くには、やはり「日本語能力」「日本商文化」のキーワードを外すことはできません。日本人であるあなたが海外で働く以上は、どうしても「日本語能力」「日本商文化」を一つの武器にして海外就職活動を行っていくことが必要になります。

もしあなたが人よりも理系の分野で突出した能力がなく、自分が普通と自覚していながらも「海外で日本とは関係の無い仕事をしたい。」というならそれは正直あきらめた方がいいかもしれません。

現地語に堪能だろうが、帰国子女だろうが、海外ではまずあなたは「日本人」として認識されます。現地生まれの日系人であってもそういう目で見られるんです。

なので、海外就職活動の対策としては、「日本」、頑張って取得した「MBA」そして「誰にも負けない強み」を組み合わせて、合わせ技で突出したスキルをアピールする必要があります。
特に文系の方はそうなんです。

「日本」×「MBA」×「10年間のコンサルタント経験」
「日本」×「MBA」×「6年間の電子機器営業経験」
「日本」×「MBA」×「8年間の製造企画経験」

さらにこれらに「公認会計士」「USCPA」などの資格や「中国語」など第二外国語を組み合わせてよりユニークなスキルの方程式を作って行きましょう。

あとはそれをうまく履歴書に落とし込んでうまくアピールしていくことになるのです。

ゆび矢印就職しやすい国や都市を狙う。

646598b08a516e755aea8abd7185c209_s

自分がどんなに素晴らしい強みを持っていてもそのスキルに対する需要がなければ海外就職を勝ち取ることはできません。
日本人の場合、一般的に欧米よりはアジアの国々での就職のほうが成功する可能性が高いです。アジア各国では多くの日本企業が進出しており「日本」をキーワードに日本語や日本の商文化に対応できる人材を求めているからです。
もちろん、これは個々のスキルや業界によるので、自分自身で調査することが必要ですが。

ビジネススクール在学中はインターンシップを利用して現地の企業で働くことができます。インターンシップで自分の価値を認めてもらい、卒業後そのままその企業に就職という道もあるでしょう。自分が就職したい業界が盛んな国のビジネススクールを選ぶことで、このようなインターンシップを通じて現地就職できる可能性も高くなります。

また、現地の転職エージェントに登録をしておくと様々な求人情報を得ることができるので是非活用するようにしましょう。

ゆび矢印「海外就職したい」ことを周りに言いふらす。

36e30fea56f39e269525cf33f8c8cece_s

私はビジネススクールでMBA取得後に台湾で就職しましたが、「台湾で就職したい。」と周りに言いふらしていました。元々台湾が好きで旅行にもよく行っていましたし、実はMBAも台湾で取ろうかなと思い現地のビジネススクールを調査していたこともあります。
オーストラリアのビジネススクール在学中でも、「卒業後は台湾で就職したい。仕事があったら教えてくれ。」と友人にはよく言って周りました。結果的にそれを聞いた友人の紹介で現地企業に就職することができたということです。

もちろん、「海外就職したい」と周りに言ってもそれがドンピシャで当たる確率は決して高くないでしょう。そういう意味で私はラッキーだった部分も多々あります。

とはいうものの、周りに言い続ければ誰かがサポートしてくれると私は信じています。世の中にはこういうことを世話することが好きな人も結構いるんです。特にアジアでは。

私も世界のいくつかの国に友人知人、ビジネスパートナーがいます。私のクライアントさんで海外就職を望んでいる方には、私は積極的にクライアントさんを彼らに紹介しています。
そんなところから仕事が決まる、なんてことも十分あり得ることなんです。

まとめ

人生で一度は海外で働くという経験をしておきたいものです。そのまま海外に滞在するにせよ、いずれは日本に戻ってくるにせよ、大変貴重な経験になるはずです。
もし、あなたが海外就職を望むのであれば、「MBA取得後に海外就職するためのたった3つのヒント」からその可能性を掴み取って下さい。

点矢印画像●自分の強みを明確に
点矢印画像●就職しやすい国や都市を狙う
点矢印画像●「海外就職したい」ことを周りに言いふらす。

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】留学決意から出願まで~MBA出願体験記

MBA Lounge代表の留学決意から出願までの軌跡の体験記を無料でダウンロード頂けます。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】MBAの臨場感を体験!無料MBA留学奮闘記

MBA Lounge代表による留学奮闘記を無料でダウンロード頂けます。 お申込みはこちらから
Copyright(c) 2017 MBA Lounge All Rights Reserved.