MBA出願戦略はばっちり?3つのストラテジーのチェックリスト。

2016-06-09

質問です。
MBA取得を目指し現在MBAやビジネススクールについて調査をしているという皆様に質問です。

1.なぜあなたはMBA取得を目指すのですか。
2.将来どのようなキャリアプランを立てていますか。
3.どこの国に留学する予定ですか。
4.それは今から何年後のことですか。
5.スクールはどのようにして選びますか。
6.エッセイやインタビュー対策はどのようにするつもりですか。

これらの質問にスラスラと答えることができるでしょうか。

私のところに質問を寄せてくれる大半の方は、 1.と2.までは何となく答えることができます。しかし3.以降の質問には結構答えられない人が多いのです。つまり、なんとなく自分がMBAが必要なことは分かり、それに向けたキャリアプランは立てているが、そのあと具体的にどうしたらいいのかわからないという人たちが多いのです。

MBA出願をするのであれば、出願に向けてそれなりのストラテジーを立てていくことが大切です。

MBA出願に役立つ3つのストラテジー

点矢印画像1.コーポレート・レベル・ストラテジー
点矢印画像2.ビジネス・レベル・ストラテジー
点矢印画像3.オペレーション・ストラテジー

企業が立てる経営戦略も同じで、大きく分けて以上の3つに分けることができます。
MBA出願・合格を目標とするあなたは以下のようにと置き換えて考えてみましょう。

あなた=企業、
ビジネススクール合格企業=企業が達成すべき目標(利益獲得)

と置き換え、これら3つのストラテジーを見ていきましょう

あなた自身が立てているMBA出願戦略がこれに沿ってしっかりと計画されているかどうか、
ここでしっかりとチェックしましょう。

1.コーポレート・レベル・ストラテジー

b5c6843e6b0bdf3f75c8621940e1fee2_s

視野を思いっきり広くして、世界情勢、経済、テクノロジーの進歩、各種法律などのファクターを考慮し、会社として進むべき方向性を考えるのがこのレベルのストラテジーです。
組織の全体的な展望や目的を明確にし、企業としてどの分野の事業を持つべきなのか、そしてその事業は世界のどの国で展開すべきなのか、商品ラインはどうするべきなのか、などを決定していきます。

これをMBA出願という戦略に当てはめてみると、「そもそもあなたはなぜMBAを取得する必要があるのか。」というところから考えることになります。現在の世界情勢を考え、 MBAが本当に最適なのか、他の専攻がよいのではないか、もしくは、今の会社でキャリアを積んでいくべきなのではないか、などを考えるのがこのレベルです。

ただ単に、「今の会社では物足りないから。」「何か新しいことやりたいから。」「留学は小さい頃からの夢だったから、30歳になる前にはとりあえず留学してみたい。」などと言う気持ちでMBAに臨むのはどうかと思います。

このコーポレート・レベル・ストラテジーをしっかり考えた上で、自分の方向性を明確にすることが大切です。

2.ビジネス・レベル・ストラテジー

fdf0279d3f7ffd8557b1edb17c70d3ce_m

このレベルのストラテジーは、企業がターゲットの市場でどのように競争するか、を考えるものです。自社の商品群の中から、どの商品にフォーカスし勝負するのか、そして顧客のターゲットを誰にするのか、ということを考えたりします。また、自社にはどのような強みがあり、それを競争にうまく活用するにはどうするべきなのか、を考えるのもこのレベルのストラテジーになります。

さて、これをMBA戦略で当てはめてみるとどうでしょうか。
あなたは今までにどのような経験をしてきて、何を習得してきたのか、そして強みは何なのか、ということを考えるのが最初のスタートです。ビジネススクールに提出するエッセイや職務経歴書、推薦状などが、ありきたりの内容ではきっとあなたの志望校の入学審査官の食指を動かすことはないでしょう。

あなたの強みが何で、他の学生とどこが違って、ビジネススクールにどのような貢献ができるのか、いうこと考えてことが必要になってきます。

3.オペレーション・ストラテジー

cd7598445245e893e5c7326b88db5732_s

上述のコーポレート・レベル・ストラテジー、ビジネス・レベル・ストラテジーの目的にを達成するためには、会社の資源が有効的に活用されていることを管理しなければなりません。どんなに目からウロコの素晴らしいストラテジーを立てだとしても、それがしっかりと実行されなければ意味がありませんよね。オペレーション・ストラテジーでは、これらの資源をうまく活用するための作戦を立てるのです。

MBA出願の戦略でも同じですよね。なぜ自分にはMBAが必要なのか、キャリア目標はどのようなものなのか、自分の強は何か、どのような方法でビジネススクールにアピールするのか、これらが明確になったところで、エッセイ、インタビュー、推薦状、職務経歴書等の作成に移ります。
ここで大切なことは、いかにしてあなたのポテンシャルをアウトプットして、巧みに出願書類の中に落とし込むことができるのかということです。これは口で言うほど簡単ではありません。自分を正しく表現するのが難しいことに気づくはずです。
これをどうするか。それがオペレーション・ストラテジーですね。

まとめ

戦略には以下の3つのレベルがあります。
点矢印画像1.コーポレート・レベル・ストラテジー
点矢印画像2.ビジネス・レベル・ストラテジー
点矢印画像3.オペレーション・ストラテジー

これをMBA出願の戦略に当てはめて、戦略的に出願書類を作成していくことがビジネススクール合格への近道と言えます。
計画的にそして戦略的にMBA出願準備をしていきましょう。

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】留学決意から出願まで~MBA出願体験記

MBA Lounge代表の留学決意から出願までの軌跡の体験記を無料でダウンロード頂けます。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】MBAの臨場感を体験!無料MBA留学奮闘記

MBA Lounge代表による留学奮闘記を無料でダウンロード頂けます。 お申込みはこちらから
Copyright(c) 2018 MBA Lounge All Rights Reserved.