MBAホルダーが起業する際に持っておきたい3つの人格

2016-02-26

MBA取得後に起業を考えている人たちは多いのではないでしょうか。ビジネススクールの後、再び従業員に戻るのではなく、起業家として自分自身もしくは仲間と一緒に事業を立ち上げ、 MBAで学んだ知識をフルに活かし自分たちの事業を拡大していくと言う野望に満ちたMBAホルダーは大変多いです。

今回は、 MBA取得後に起業家として活躍したいという夢を持っている人達へ起業家としての必要な3つの役割をご紹介します。

スモールビジネス向けの経営コンサルティング会社、E-Myth Worldwideの創設者であるマイケル・E・ガーバー氏は、自身の著書「はじめの一歩を踏み出そう(原題:The E-Myth Revisited: Why Most Small Businesses Don’t Work and What to Do About It)」の中で、人間は「起業家」「マネージャー」「職人」の3つの人格を兼ね備えているとしています。MBA取得後に起業を目指す人は、是非この3つの人格の特徴を理解しておきたいところです。ガーバー氏によれば、これら「起業家」「マネージャー」「職人」の3つの人格をバランスよく兼ね備えていることが、事業(特にスモールビジネス)での必要な条件であると述べています。それではこれらの3つの人格にはどのような特徴があるのかひとつひとつ見ていきましょう。

MBAホルダーが起業する際に持っておきたい3つの人格

ゆび矢印起業家
169ac5aea2e0b653a94298f28572df4c_s

起業家とは、日常のちょっとした些細なことから大きなチャンスを見つけ出す才能を持った人を指します。普通の人たちが見逃してしまうであろう小さな変化や、顧客も気付かないような小さなニーズを見つけ出し、それを大きなビジネスチャンスに変えていくのです。それらの大きなチャンスに、「売る仕組み」のノウハウを注入し、事業を作り上げる才能に長けています。そして、その事業が出来上がると、また次の新しい事業を作るにはどうしたらいいのかを考えているのです。

起業家は、「次に何が起きるのか。」「自分が理想とすることを実現するにはどうしたら良いのか。」を常に考えている人たちです。起業家は未来の世界に住民であり、過去や現在にとらわれず、常に頭の中では未来の事を考えています。

野球で例えるなら、このような起業家は、 4番でエースの人たちが多く、自分が主力プレーヤーとなってガンガンと未来へ突き進んでいく人たちです。そのため人の管理は苦手で、人を育てることにあまり興味がありません。周りの人たちからしてみれば、彼ら起業家と仕事をしても、常に雑用に回ってしまうことが多く、周りの人たちは仕事に対してモチベーションを上げるのが難しくなるかもしれません。

ゆび矢印マネージャー
cd8661f6ecc838de4c7b3033f24aa6fe_s

マネージャーは、ヒト、モノ、カネの管理が得意な起用なタイプです。起業家は、イチから儲ける仕組みやシステムを構築することに長けていますが、マネージャーは、それらの仕組みを維持し管理する能力に長けています。既に出来上がった仕組みの中でうまくヒト、モノ、カネを回すことができる能力を持っています。

人を見てはその人が今までやってきたこと経歴などを観察し、適材適所の人事配置をしたり、業績など過去の数字を見たうえでお金の管理をしたりするのが得意です。起業家が、未来の世界に住む人であるのに対し、マネージャーは過去の世界で生きる人と位置づけることができるでしょう。

ゆび矢印職人
4715d8788afa78c7dda133e2ccb2e12d_s

職人は、自分で手を動かすのがとても好きなタイプの人たちです。自分の専門分野に特化し、それに没頭していることに仕事のやりがいを感じ、儲ける仕組みの創出や管理などには興味がなく、とにかく自分が今、やりたいことができることに没頭したいタイプの人です。そういった意味では、職人は現在の世界に生きる人と言えるでしょう。

ガーバー氏によれば、人間誰もがこれら3つの人格を持ち合わせているとしたうえで、これらをバランスよく持っている人が事業で成功するための条件だとしています。その一方で、スモールビジネスの経営者の実に70%が、職人の人格が強い人たちであるとの調査結果を出しています。

ここまで読んで頂いて分かるとおり、人間にはそれぞれ得意不得意があり人格も様々ですので、たとえ誰もがこれら3つの人格を持ち合わせているといっても、バランスよくこれらを持つのは非常に難しいことです。

MBA取得後に起業する場合、創業したてのステージでは、起業家の人格、職人の人格をフルに活かし、事業を無事に離陸させ軌道に乗せる必要があります。徐々に事業が成長し自分ひとりでは仕事が回らなくなってきた段階で次のステージへ移ります。つまりマネージャーの人格を生かし、自分1人でできないところは他人に任せるというっていう能力を発揮する必要が出てくるのです。

3つの人格を兼ね備える事は本当に可能か

MBAの授業では、主に「起業家の能力」と「マネージャーの能力」の2つについて訓練することになります。
経営戦略やマーケティング戦略系の講義では、主に起業家の能力を訓練することになります。経営戦略やマーケティング戦略に必要な議論を習得し、会社が未来に向かって成長していくためにはどのようなアクションを取りどのような仕組みを作る必要が歩くのかを学ぶことになります。

組織行動論、人事戦略やアカウンティング、ファイナンスなどの講義では、主にマネージャーの才能を訓練することになります。人をどのように動かせばモチベーションを上げてくれるのか、会社の過去の業績を見てどのようなアクションが必要になって来るのか等を訓練するのです。

職人の才能については、自身の今までの実務経験が大きく影響します。法律の専門家であったり、会計の専門家、国際貿易に関する知識など自分が今まで携わってきた業界によってこれらの能力は異なります。

MBA取得後に起業を目指す人たちは、この3つの人格を意識した上で適切な経営をしていくことが大切になってきます。

まとめ

MBA取得後に起業を考える場合、マイケル・E・ガーバー氏の2つの人格について自分がどの制度持ち合わせているのかを考える必要があります。
点矢印画像起業家:儲ける仕組みを自ら作り出す常に未来志向の人格
点矢印画像マネージャー:仕組みをうまく回し人の管理に長けた才能を持つ人格
点矢印画像職人:自分の得意分野についてとことん追求する人格

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集

勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから

【29歳以下限定会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!

仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから

【無料レポート】留学決意から出願まで~MBA出願体験記

MBA Lounge代表の留学決意から出願までの軌跡の体験記を無料でダウンロード頂けます。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】MBAの臨場感を体験!無料MBA留学奮闘記

MBA Lounge代表による留学奮闘記を無料でダウンロード頂けます。 お申込みはこちらから
Copyright(c) 2018 MBA Lounge All Rights Reserved.