IELTS、TOEFL、GMATのスコアが低いまま出願したらどうなるのか。

2017-05-02

先日、クライアントさんから
「IELTSのスコア、、前より下がってしまいました。。。」
とメールが来ました。

あらあら、仕事で忙しい中、平日も夜中まで、土日もほぼ毎週一生懸命勉強していたのに、、、

彼は来年9月入学で欧州トップMBAを狙っています。
ずっとIELTSばかりやっているわけにはいきません。
この後はGMATもあるし、
スクールも絞っていないし、
今年の秋には出願しないといけないし、

そんな彼に、こんなアドバイスをさせて頂きました。

「IELTSのスコアは合否を決定する決定打にはならない。」

IELTSに限らず、TOEFLもGMATもそうですが、これらはビジネススクールの合否の決定打になりません。
これらの試験類は結果が数字で出てくるので、どうしても気にしてしまいますが、あまり気にしすぎてはいけません。特にGMATは。

よく予備校などで「GMAT760点でナントカスクール合格!」
なんていう広告を目にしますが、そもそもGMATで合格したわけではないはずです。予備校はマーケティング目的でそう言っているだけです。
それよりもよっぽどインタビューやエッセイ、履歴書の方が重要です。

では、IELTS、TOEFL、GMATのスコアが低いまま出願したらどうなるのか。
いきなり不合格になるわけではなくて、条件付き合格となることが多いです。つまり「~までに〇点以上取ったら入学していいよ。」とスクールから言われるわけです。
現に私のクライアントさんで3名(アメリカで1名、イギリスで2名)スコアが低くても条件付き合格をもらっています。

「ほらね、スコアが低くてもそれで不合格になるわけではなかったでしょう。まずは出願して正解だったね。」となったわけです。

もちろん、英語力がなければMBAに入って苦労するのでスクールが出している最低スコアは入学前にまでにクリアすべきです。
でも、スコアが低いからと言って出願を見送るべきではありません。
巷の情報に惑わされないようにしましょう。

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】留学決意から出願まで~MBA出願体験記

MBA Lounge代表の留学決意から出願までの軌跡の体験記を無料でダウンロード頂けます。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】MBAの臨場感を体験!無料MBA留学奮闘記

MBA Lounge代表による留学奮闘記を無料でダウンロード頂けます。 お申込みはこちらから
Copyright(c) 2017 MBA Lounge All Rights Reserved.