【8/26(土)新宿】豪州MBAを目指す方へ。個別相談会を開催します。

オーストラリアのMBAは大変魅力的です!
オーストラリアには全部で39校の総合大学があり、うち2校を除いてすべて公立大学です。
そのため、政府による教育水準の質が保証されており、大学間における格差が少ないのが特徴です。世界大学ランキングでも、シドニー大学やメルボルン大学、クイーンズランド大学をはじめ、多くの大学が世界ランク上位にランクされています。

DSCF1977

開催日時、場所

●東京池袋開催(池袋のカフェにて個別相談形式)

日程:2017年8月26日(土)
時間:(相談会は1時間半)
 午前11時開始
 午後 1時開始
 午後 7時開始
場所:参加者へご連絡します。

※その他注意事項:
・原則的にキャンセルはご遠慮下さい。どうしても都合が合わない場合は相談会の24時間前までにご連絡下さい。
・キャンセルの場合でも返金はできませんので、よく考えてからお申込み下さい。

定員

各時間1名

参加費

 1,500円(税別) 

※まずは、下記よりお申込み下さい。追って決済方法をご案内します。
※決済方法はペイパルまたは銀行振り込みでの決済となります。

参加特典

・オーストラリアMBA資料無料進呈
・オーストラリア関連イベント優先案内
・MBA Lounge出願対策 1,000円割引

オーストラリアMBAのススメ:高品質な教育で世界を舞台に活躍したい人へ

ゆび矢印●期間は12ヶ月から18か月。
オーストラリアMBAプログラムは12ヶ月から18か月のスクールが多いのが特徴です。MBAを学ぶ学生は、入学の時点でビジネスの基礎は既に理解していることが前提となり、基礎を飛ばしていきなりアドバンスの科目に入ります。そのため、一定以上の実務経験をもっていることが重要となり、審査でも実務経験は比較的重視されることが多いです。

ゆび矢印●アジアでキャリアを築くのに有利。
アジアでのキャリアを目指すのであれば、オーストラリアMBAは大変有利です。オーストラリアは、地理的に他の英語圏の国よりもアジアに近いだけではなく、ビジネスにおいてもアジアと強いつながりをもっています。MBAのケーススタディにおいても、アメリカだけではなく、多くのアジアのケースを使用し、アジアに焦点を置いた教育も盛んです。言語、国籍も多様で多くのヨーロッパ諸国、アジアからの学生が学んでいます。

ゆび矢印●安全で住みやすく学習環境は抜群。
MBAという高いハードルを乗り越えるには、勉強する環境が整っていることがとても大切です。その点ではオーストラリアの主要都市のほとんどが「住みやすい都市ランキング」の上位に入っています。
英国雑誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニットが発表したランキングによると、トップ10にメルボルン(1位)、アデレード(5位)、シドニー(7位)、パース(9位)と4都市もランクインしています。オーストラリアでMBAを学ぶということは、このような治安、教育、医療、環境などがとても安定した都市で生活できるということを意味します。

こんな人にお勧め

 点矢印画像オーストラリアでMBAを取得したい人
 点矢印画像留学国は決まっていないが、MBA取得を検討している人
 点矢印画像MBA留学の準備方法で悩んでいる人
 点矢印画像オーストラリアでのキャリアアップを目指している人

1625516_10203854123568165_2413242819071397779_n

期待できる効果

 点矢印画像オーストラリアMBAの長所、短所は何なのか?
 点矢印画像留学前に絶対に心がけておくべきことは?
 点矢印画像あなたにとって最適なスクールは?
 
 がすべて明確になります。

その他、不明な点はどんどん聞いてください!

オーストラリア概要

 国・地域名 : オーストラリア連邦 Australia
 面積    : 769万2,024平方キロメートル(日本の約20.3倍)
 人口    : 2,387万人(2015年8月19日時点、オーストラリア統計局)
 首都    : キャンベラ 人口 38万6,000人(2014年6月)
 言語    : 英語
 宗教    : キリスト教(61.4%:カトリック〔25.3%〕、聖公会〔17.1%〕が2大宗派)、仏教(2.5%)、イスラム教(2.2%)、ヒンズー教(1.3%)、ユダヤ教(0.5%)、無宗教(22.3%)等

(出所:ジェトロホームページより)

無題

Copyright(c) 2017 MBA Lounge All Rights Reserved.