高給取りになりたい人たちへ。ビジネスクラスに乗ってみましょう。

2015-06-19

「MBAを取得して、高給取りになって、そして、そして、経済的に豊かな生活をしたい!」
そんな夢をお持ちの方にひとつの提案です。海外旅行する際に、一度飛行機でビジネスクラスを体験しみましょう。

中にはすでにビジネスクラスを体験した方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、ここで改めて、航空券のビジネスクラスとエコノミークラスのサービスの違いを実感することの大切さについてお話をしたいと思います。

(サービスの違いをお話しするのであれば、本当はファーストクラスとエコノミークラスの違いを比較するべきではあるかと思いますが、私自身ファーストクラスに乗ったことがありませんので、ビジネスクラスとエコノミークラスとの比較にさせて頂きます。)

私はまだまだ高給取りでもなく、努力していかなければいけない身ではありますが、それでも海外に行く際にビジネスクラスを体験したことがあります。

ビジネスクラスとエコノミークラスの両方を体験することで、将来MBAを取得して高給取りになりたい!という人たちにとって、以下2つのメリットがあります。

ゆび矢印1.最高のサービスを受けることで、高給取りになるモチベーションが上がる。
人は、いちど贅沢をしてしまえば、それより下の生活に戻る事は大変困難だと言われています。実際にビジネスクラスを体験してしまうと、エコノミークラスのサービスでは物足りないと感じ、「またビジネスクラスに乗りたい!乗るためには高給取りにならなければいけない!」とモチベーションを上がります。
MBAを取得して、高給取りになるためのモチベーションを上げるためには、そういう世界があることを知ってしまうことが大切なのです。

ゆび矢印2.商品の付加価値についての勉強となる。
ビジネスクラスであってもエコノミークラスであっても、顧客が獲得したい目的は同じです。つまり、「指定した時間に、指定した目的地に、無事に到着する。」という目的です。人はなぜこの同じ目的を達成するために、2倍以上の価格を払うのでしょうか。その答えは付加価値の違いです。エコノミークラスには無いビジネスクラスのサービスを知ることで、その価格の違いはどこから来ているのかを勉強する良い機会になります。

f3177f1a02e0db2a0b19af145492eb80_s

ビジネスクラスとエコノミークラスが違うのは当たり前だと頭でわかっていても、実際に両方のサービスを受けてみることでモチベーションは上がり、付加価値の違いを実感するようになります。

それでは、出発から目的空港到着までのビジネスクラスとエコノミークラスの違いを見ていきましょう。

空港到着、チェックイン

f48bd20ee59748a4148adf11f5ea7160_s
ビジネスクラスでは、空港到着と同時にすぐにチェックインをすることができます。ビジネスクラスのカウンターは空港の入り口から近いところにあり、大きな荷物をコロコロと転がして移動する距離も少なくて済みます。カウンターで並ぶ時間もエコノミークラスに比べると断然少なく、すぐに荷物を預け、チェックインがあっという間に完了します。

一方で、エコノミークラスの場合は、空港の入り口からチェックインカウンターまで距離がとても長い場合があります。大きな荷物を持ってコロコロとチェックインカウンターまで歩いていかなければなりません。チェックインカウンターに着いたと思えば、長い列の最後に並び、自分の順番を来るまで待たなければいけません。

通関後

2275d43f43c536198e2fb93326147c16_s
ビジネスクラスの場合は、空港ラウンジでに入ることができ、そこで搭乗時刻が来るまでまったりとした時間を過ごすことができます。食事、デザート、果物、飲み物などをすべて無料で、また雑誌・新聞などを読みながらゆったりとソファーに座ってくつろぐことができます。これからの長旅に備え無料でシャワーを浴びることもでき、リフレッシュして飛行機に乗ることができます。

一方エコノミークラスの場合、通関後やることといえば免税店をぶらぶらするぐらいしかありません。ちょっとお腹が空いたと言って、レストランに行ってももちろん有料です。汗だくになったと言ってシャワーを浴びるにしても有料です。新聞や雑誌を読みたいと思ったら本屋で購入する以外はありません。

搭乗

ビジネスクラスの場合は、搭乗時刻に搭乗口へ行くと同時に、すぐさま飛行機に乗ることができます。
一方、エコノミークラスの場合は、搭乗時刻に搭乗口に行ったとしてもすぐに乗る事はできません。ビジネスクラスの人たちが全員乗り込むまで待っていなければいけません。

座席

DSCF2146
ビジネスクラスの場合、座席に着くと同時に客室乗務員があなたに対して、「〇〇様、いらっしゃいませ。担当させていただく〇〇です。」と挨拶を受けることになります。
飛行機出発まで軽い飲み物を注文することもできます。
座席はとてもゆったりとしており、両足を伸ばすことができます。
スクリーンも大きくリラックスして映画を楽しむことができます。
機内食はまるでレストランのメニューのような高級感あふれる食事です。
就寝時間には座席がほぼ180度まで下げることができ、ベッドの上にいるような感覚で眠りにつくことができます。

エコノミークラスの場合は、ビジネスクラスの座席ほどゆったりはしていません。最近の飛行機はエコノミークラスの設備も向上し、座り心地が良くなってはいますけれども、もちろんビジネスクラスの座席に比べれば劣ります。

到着

長い旅が終わり、ようやく目的地空港に到着すると、最初にビジネスクラスの人たちが飛行機を降りることができます。エコノミークラスの人たちは、ビジネスクラスの人が降りるまで機内で待っていなければいけません。

荷物受取

d73c71af989f0e758da59291bf8c4f86_s
入国後、荷物の受け取りではビジネスクラスの人たちの荷物が優先的に出てくるようになっています。エコノミークラスの人たちの荷物は、ビジネスクラスの人たちの荷物が全部出終わるまでで待たなくてはいけません。

高給取りになるためのモチベーションアップ。

ビジネスクラスとエコノミークラスの航空券の価格は、少なくとも2倍以上、場合によっては7倍~8倍くらいの価格差がありますので、このくらいのサービスの違いがあるのは、ある意味当たり前かもしれません。

それでも、実際にこのように文字にしてみると、改めてサービスの違いを実感するのではないでしょうか。特に飛行機のサービスを受けるときは、疲れている時がほとんどですので、サービスの価値を普段の時よりも実感することになるかと思います。

もしビジネスクラスに乗ったことない方がいらっしゃれば、いちどビジネスクラスを体験してみてください。富裕層に対する「おもてなし」を知る事ができますし、MBAを取得して高給取りになろう、モチベーションアップにも繋がるのではないか、と思います。

私もたまにはビジネスクラスに乗ってモチベーションを高めていきたいと思います。

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【MBA Loungeラジオ配信中】MBAからキャリアまでのノウハウ集

勉強や作業をしながらでもお聞きください! MBA Loungeラジオはこちらから

【29歳以下限定会員制ゼミナール】大学院留学準備を仲間と一緒に!

仲間がいるから頑張れるんです。無料説明会開催中 詳細はこちらから

【無料レポート】留学決意から出願まで~MBA出願体験記

MBA Lounge代表の留学決意から出願までの軌跡の体験記を無料でダウンロード頂けます。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】MBAの臨場感を体験!無料MBA留学奮闘記

MBA Lounge代表による留学奮闘記を無料でダウンロード頂けます。 お申込みはこちらから
Copyright(c) 2018 MBA Lounge All Rights Reserved.