一流ビジネスマンの必要条件!イノベーション力をつける2つのスキル

2015-10-30

一流ビジネスマンになるための必要条件は、イノベーティブなアイデアを創造できるかどうかということと言っても過言ではないでしょう。一流ビジネスマンの条件は、一昔前であれば、高学歴、語学力、経営知識などでしたが、今の時代は何と言ってもイノベーション力ではないでしょうか。

昔と違って、現代は消費者一人ひとりの生活が豊かになり、欲しいモノは何でも手に入れることができます。そんな中で各企業は、消費者の需要を掘り起こし、それをピンポイントで提供することが大切なんです。それを実現するのは、イノベーティブな考えを創造する力なのです。今回は、一流ビジネスマンをめざすMBA受講者が、ビジネススクールを卒業するまでに是非身に付けておきたいイノベーターになるための2つのスキルをご紹介します。

一流ビジネスマンの必要条件!イノベーションを開発する2つのスキル

赤やじるし1.実験するスキル
赤やじるし2.人脈を形成するスキル

ゆび矢印1.実験するスキル
d8307ef688af8951f83beacce8ee9e4c_s
ハーバードビジネススクールのクレイトン・クリステンセン教授が2009年に発表したInnovator’s DNAの記事によれば、イノベーティブな起業家たちは、様々な失敗や成功を繰り返し、最終的にイノベーティブな商品やプロセスを開発してきているとしています。

ビジネスを立ち上げると、多くの不確定な要素があり、リスクも高いと考えることでしょう。そんな中で、小さな失敗を繰り返し徐々に成功近づけていくことが大切です。

小さな失敗を繰り返すことです。自分たちの事業が、どのような反応があるのかを実験する力が必要です。一気に大きな投資をするのではなく、ある程度の資金の余裕を残しておいて、小さな成功と小さな失敗を繰り返していくことで、事業を展開していくうえで、優先順位が徐々に明確になります。

実験を繰り返し、市場で色々と試してみることで、イノベーティブなアイデアを創造する力が鍛えられ、イノベーティブな商品やプロセスが生まれてくるのです。

ゆび矢印2.人脈形成するスキル
040366
イノベーティブなアイデアを想像できる人は、常に自分の専門分野以外の人と交流することでその知識の幅を広げています。ビジネススクール内だけでも、自分とは全く異なったキャリアや考え方を持った人に多く出逢うことになるでしょう。また国籍も違えば、文化も違う人にも多く出逢うことになります。

普通のビジネスマンは、人脈形成を、自分の商品を売り込むための手段、コネ作り、魅力的な資源や能力を持った人たちのアクセスの手段としてしか考えていません。しかし、そこでネットワークを広げることができても、自分自身がイノベーティブな考えを創造する力を身に付ける事はできません。

専門分野と全く異なる人と交流することで、今まで自分が考えもしなかった発想や意見を聞くことができます。また年代も自分よりも20歳以上年上や年下の人たちと交流することで、同世代と付き合っていては到底考えつかなかった発想に出会うことができることも多くあります。

このように、人脈形成をするスキルといっても、全く異なる分野での人たち、世代の違う人ったちとの交流を通じて、ネットワークを形成していくことが、イノベーティブなアイデアを創造するヒントとなるのです。

まとめ

一流ビジネスマンとして成功するためには、自己のイノベーション力を身に付けることが大切です。その力を開発するために必要なスキルは以下の2つです。

赤やじるし1.実験するスキル
赤やじるし2.人脈を形成するスキル

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】留学決意から出願まで~MBA出願体験記

MBA Lounge代表の留学決意から出願までの軌跡の体験記を無料でダウンロード頂けます。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】MBAの臨場感を体験!無料MBA留学奮闘記

MBA Lounge代表による留学奮闘記を無料でダウンロード頂けます。 お申込みはこちらから
Copyright(c) 2018 MBA Lounge All Rights Reserved.