ビジネススクールで無事にMBAを取得するための5つの考え方。

2014-07-19

MBA取得を目指す人たちとって、ビジネススクールへの入学が許可された時点で、MBA取得のための自分との闘いが始まることになります。ビジネススクールでを如何にスマートにMBA取得するかということが、留学の成功、失敗の分かれ目になります。というのも、もう既にお分かりかと思いますが、ビジネススクールに合格することよりも、MBAを取得することの方がはるかに難しいからです。気を緩めずにMBAを無事に取得するまで過酷な自分との闘いが続くことになります。

ビジネススクール留学対策としては、一生懸命勉強するのではなく、スマートに勉強することがポイントとなります。では「スマートに勉強する。」とはいったいどのような勉強法なのでしょうか。多くの留学生と話をしていると、留学でうまくいっていない学生の皆さんは、非効率な勉強の仕方をしている人が多いことに気づきます。そこで今回は、ビジネススクール対策としてスマートにMBAを取得するための5つの考え方をご紹介します。

3c9584a0883a0251c8eba6b9ef876ac8_s

スマートにMBAを取得しよう。

ゆび矢印1.毎日決まったライフスタイルを保つ。

赤やじるし毎日同じ時間に起きて、
赤やじるし毎日同じ時間に朝食をして、
赤やじるし毎日同じ時間に授業の予習をして、
赤やじるし毎日同じ時間に文献を読み漁って、
赤やじるし毎日の同じ時間に論文を書く。

この一見単純そうな作業が実はとても大切なのです。このライフスタイルを破って、例えば一日中授業の予習をしたり、一日中ビジネス文献を読み漁ったり、一日中論文を書くというような時間配分をすると、実は時間を無駄にしている事になるのです。
家族や友人との時間もしっかりとることも大切です。ずっと勉強していたり、ずっと遊んでいたりするのはダメですね。メリハリをつけて遊ぶ時は遊ぶ、勉強するときは勉強するということが大切です。

毎日決まったライフスタイルを持つ事は、ひとつひとつの作業に優先順位をつけることになり、ビジネスクール留学対策として、実はこのような順位優先順位付けをしっかりとすることが大切です。なぜなら、毎日決まったライフスタイルを持つことは、実際のビジネスの場面でも活かすことができる訓練となるからです。実際のビジネスの場面では、多くの案件が一度に飛び込んできますので、その中から何が重要で何が重要でないか、何が緊急で何が緊急でないか、瞬時に優先順位をつけて仕事に取り組む必要があります。ビジネススクールでは、このようなタイムマネージメントも、MBAの授業以外のところで訓練することになるのです。

ゆび矢印2.二つのことを同時にやらない。
電話をしながらパソコンを打ったり、次から次へといろんな人とミーティングをしたりというバリバリと働いているビジネスマンはかっこよく見えるものです。しかしながら、実際は人間は一度にひとつのことしかできません。二つ以上の事をできないように設計されているのです。二つのことを同時にやる事は実際には不可能なことであって、外からみてそのようにしているように見えるだけなのです。

パソコンで何か入力するときはそれに集中し、話すときは話すことに集中し、聞くときは聞くことに集中し、考えるときは考えることに集中する。それ以上の事をやらないというのがビジネススクールで無事にMBAを取得するための重要な要素です。

二つのことを同時にやると、結局二つとも中途半端になってしまい、一からのやり直しが発生したりします。そして、結果的に多くの時間をとられてしまうことが非常に多いです。特に、ビジネススクールの講義では、講義自体に集中するようにしましょう。間違っても講義を受けながら、他の課題をやったり、別の講義の予習をしたりすることがないようにしましょう。そのようなことをしていると、全てが中途半端になり、結果的に多くの時間を無駄にしてしまうことになります。

ゆび矢印3.「緊急」=「重要」とは限らない。

さきほど、優先順位付けをすることが大切だと言う話をしましたが、 そこで重要なのは、「緊急なこと」と「重要なこと」は、全くの別モノであるということです。実際のビジネスの場面では、多くの判断を瞬時にしなければならないことが多くなりますが、そこで「緊急案件」と「重要案件」の仕分けをうまくする必要があるのです。

ビジネススクール生活でも同じことがいえます。例えば、論文にも点数の半分が高い論文とそうでない論文があります。期限が迫っていたら、どちらを優先するか、正しく判断し、限られた作業時間で総合的に好成績をとれるように、自分自身で優先順位付けをしながら調整していく必要があります。

私の経験からここで強調しておきたいのは、ビジネススクールでの生活はとにかくとても忙しく時間がいくらあっても足りない、と感じるようになりますので、よほどの天才でない限り、すべての課題で100点を目指さないことです。取れるところでしっかりと取っておくことが大切です。

7f1b6d8adff17394202b8be2acc03c6f_s

ゆび矢印4.携帯やスマートフォンの電源を切ってみよう。

携帯電話の発達は素晴らしいものですね。いつどこにいてもインターネットにアクセスができ、瞬時に様々な情報を得ることができます。しかしながら、「ここぞ!」と集中するときは、携帯電話やスマートフォンの電源をオフにして、外からの邪魔されない環境を作ることが必要な場合もあります。特に、短期間で多くの文献を読み漁り、論文を書かなければいけないケースになると、相当高いレベルの集中力が必要になってきます。そこで携帯電話の着信音に邪魔されたりすると、急激に集中力が下がり論文全体の質も下がってくることが考えられます。本当に集中しなければいけない文献を読んだり、論文を書くときは、外からのノイズが一切排除されるような環境で取り組みましょう。

ゆび矢印5.休みはしっかりとる。
ビジネススクールでの生活では、毎日忙しい日々を過ごすことになります。その忙しい中でどうやって休みを取っていけばよいのでしょうか。その答えは簡単です。最初で説明したライフスタイルを維持することが大切という話をしましたね。そこで休みの時間をあらかじめスケジュールに入れてしまうことなのです。世界的に著名な経営コンサルタントの大前研一氏は、毎年年間スケジュールを年初に立てるそうですが、ます最初にすることは、休日の予定を決めてしまうことだそうです。そして、一度休日の予定を決めてしまうと、どんなに重要な仕事であっても、その日には絶対に仕事を入れないという話を聞きました。

そこまで徹底して、自分の決めたライフスタイルに忠実になって、勉強するときは勉強する、休みをとるときは休みを取る、というメリハリを付けることが大切なのです。MBA学生は勉強マシーンではありません。休みをとりながら集中するときには集中して勉強することが、スマートにMBAを取得する秘訣です。

2582c1dde3c0129bff1d5396f45b39d3_s

まとめ

如何にしてスマートにビジネススクールを無事に終えるか、成功するための5つの考え方は以下。
点矢印画像1.毎日決まったライフスタイルを保つ。
点矢印画像2.二つのことを同時にやらない。
点矢印画像3.「緊急」=「重要」とは限らない
点矢印画像4.携帯やスマートフォンの電源を切ってみよう。
点矢印画像5.休みはしっかりとる。

【無料診断】あなたはMBAに向いている?MBA診断

あなたのポテンシャルを知りましょう。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】留学決意から出願まで~MBA出願体験記

MBA Lounge代表の留学決意から出願までの軌跡の体験記を無料でダウンロード頂けます。 無料MBA診断はこちらから

【無料レポート】MBAの臨場感を体験!無料MBA留学奮闘記

MBA Lounge代表による留学奮闘記を無料でダウンロード頂けます。 お申込みはこちらから
Copyright(c) 2018 MBA Lounge All Rights Reserved.